中国四国厚生局 > 業務内容 > 薬事監視関係

ここから本文です。

更新日:2013年3月18日

薬事監視関係

薬事法関係

  1. 生物由来製品など大臣が許可権限をもつ医薬品及び医療機器の製造業並びに医療機器の修理業の許可に関する業務を行っています。
    (薬事法施行令第80条第2項第3号に規定されている薬品に限る。)
    ※申請・届等は事業所が所在する各都道府県に提出してください。
  2. 大臣許可の医薬品製造業者等に対する立入検査を行っています。
    GMP及びGMPIに係る通常検査業務は医薬品医療機器総合機構が行っています。違反が判明した場合等の緊急時の必要が生じた場合は、本省の指示に基づき立入検査等をおこないます。
  3. 輸入監視業務
    輸入監視業務は関東信越厚生局、近畿厚生局及び九州厚生局沖縄麻薬取締支所で行っています。

毒物及び劇物取締法関係

  1. 毒物及び劇物取締法に基づく製造業及び輸入販売業の登録等を行っています。
    ※申請・届等は事業所が所在する各都道府県に提出してください。
  2. 毒物劇物監視に関する業務を行っています。
    保健衛生上重大な危害が生じる恐れのある場合には、毒物劇物製造(輸入)業者への立入検査を行います。

お問い合わせ

医事課 

〒730-0017 広島県広島市中区鉄砲町7-18 東芝フコク生命ビル2階

電話番号:082-223-8204

ファックス:082-223-7889