ホーム > 学生納付特例事務法人指定通知書交付式

ここから本文です。

更新日:2018年5月18日

東北学院大学、日本年金機構、東北厚生局合同開催イベント

「学生納付特例事務法人指定通知書交付式in東北学院大学」を開催しました

1.開催趣旨

 日本国内に住所を有する方は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、国民年金保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の国民年金保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。

 学生納付特例制度については、学生自身のお住まいの市(区)役所・町村役場の国民年金窓口で申請を行う必要がありますが、より申請をしやすくする観点から、「学生納付特例事務法人」として指定を受けた大学等教育施設(※)が学生の委託を受けて、学生納付特例の申請を代行できるようにしています。

 今般、東北学院大学において、「学生納付特例事務法人制度」の趣旨をご理解いただき、新たに事務法人の指定を受けることになり、この機会を捉えて、東北学院大学、日本年金機構、東北厚生局の三者による合同イベントとして、「学生納付特例事務法人指定通知書交付式in東北学院大学」を同校土樋キャンパスで平成30年4月18日に開催しました。

 当日は、指定通知書の交付式を行うとともに、土樋キャンパス内に特設ブースを設け、日本年金機構の可搬型窓口装置(モバイル型の窓口装置)を持ち込んで、学生納付特例の申請を受け付け、合わせて年金相談や制度啓発活動を実施しました。

※大学等教育施設・・・大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校

(修業年限が1年以上の課程に在学している方に限ります)                              

2.開催日時

 平成30年4月18日(水曜日)16時00分~17時00分

3.開催場所

 東北学院大学 土樋キャンパス

 (住所)仙台市青葉区土樋1-3-1

4.対象者

 東北学院大学の学生

5.内容

【16:00~16:10】 (場所:8号館3階会議室)

・「学生納付特例事務法人」指定通知書交付式

・東北学院大学長挨拶

・日本年金機構東北地域第二部長挨拶

・東北厚生局長挨拶

【16:10~17:00】(場所:6号館(講義棟)前スペース)

・「国民年金保険料学生納付特例申請書」受付

・日本年金機構職員による年金相談

・学生納付特例制度啓発活動

お問い合わせ

東北厚生局 年金管理課

仙台市青葉区花京院1-1-20 花京院スクエア21F

電話番号:022-208-5330

ファックス:022-726-9267