ホーム > 業務内容 > 保険医療機関・保険薬局・柔道整復師関係 > 妥結率に係る報告について

ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

妥結率に係る報告について

  • 報告年度の4月1日以前に指定された許可病床数が200床以上の病院及び保険薬局については、妥結率の実績について、10月末までに地方厚生局へ報告していただくことが必要です。
  • 妥結率の実績の計算期間は、報告年度の当年4月1日から9月30日までとなります。
  • 妥結率に係る報告書は、1部提出してください。

※毎年4月から9月の妥結率を報告していただくにあたり、保険医療機関及び保険薬局が遡及申請(継承、組織変更、移転)した場合や、保険医療機関が増床し、200床以上の保険医療機関になった場合、遡及申請以前や増床以前の妥結率実績と以降の妥結率実績(9月まで)の両方を合わせて報告する必要があります。ただし、10月以降に増床した場合には、来年度以降の報告となります。

※関係通知等について併せてご確認ください。

許可病床数が200床以上の病院

  • 妥結率の実績が50%以下の場合、当年11月1日から翌年10月31日まで、「妥結率が低い保険医療機関」とみなされます。また、妥結率の実績を報告されない場合も、「妥結率が低い保険医療機関」とみなされますのでご留意願います。
  • 報告年度の4月2日以降に新規に指定された許可病床数が200床以上の病院は、翌年10月31日まで「妥結率が低い保険医療機関」とはみなされません。
  • 初診料及び外来診療料の注4、再診料の注2に規定する報告書

名称

様式

妥結率に係る報告書(別紙様式35)

別紙様式35(ワード:42KB)

別紙様式35(PDF:78KB)

 ※添付資料は、契約書の写しのみで差し支えありません。平成26年度報告において添付資料としていた「卸売販売業者と取引した医薬品の薬価総額とその内訳、そのうち妥結した品目と合計がわかる資料」は添付不要です。

保険薬局

  • 妥結率の実績が50%以下の場合、翌年4月1日から翌々年3月31日まで、「妥結率が低い保険薬局」とみなされます。また、妥結率の実績を報告されない場合も、「妥結率が低い保険薬局」とみなされますのでご留意願います。
  • 報告年度の4月2日以降に新規に指定された保険薬局は、翌々年3月31日まで妥結率が低いとはみなされません。
  • 調剤報酬における調剤基本料(特掲診療料)に規定する報告書

名称

様式

妥結率に係る報告書(様式85)

様式85(ワード:42KB)

様式85(PDF:82KB)

同一グループ内の保険薬局の処方せん受付回数の合計が1月に4万回を超えると判断されるグループに属する保険薬局についてのみ、保険薬局と卸売販売業者で取引価格の決定に係る契約書の写し等妥結率の根拠となる資料を添付してください。なお、添付資料は、契約書の写しのみで差し支えありません。平成26年度報告において添付資料としていた「卸売販売業者と取引した医薬品の薬価総額とその内訳、そのうち妥結した品目と合計がわかる資料」は添付不要です。

報告書の提出先・お問い合わせ先について

報告書の提出先及びお問い合わせ先は、保険医療機関又は保険薬局が所在する県を管轄する事務所(愛知県にあっては指導監査課)になります。

関係通知等

【許可病床数が200床以上の病院】

【保険薬局】

【過去の疑義解釈等】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。