ホーム > 東海北陸厚生局について > フォトレポート > 「研修医との交流会〜三重の医療を支えよう!集まれ研修医〜」が開催されました。

ここから本文です。

更新日:2018年2月9日

「研修医との交流会〜三重の医療を支えよう!集まれ研修医〜」が開催されました。

平成30年1月27日、三重県医師会(青木重孝会長)主催「研修医との交流会〜三重の医療を支えよう!集まれ研修医〜」が開催されました。研修医51名を含む総計79名が参加しました。

三重県知事の講演

鈴木英敬三重県知事は、県内での研修医の活躍の場の広がりを説明しました。
(写真は、三重県庁提供。当日の写真ではありません。)

三重大学付属病院長の講演

伊藤正明三重大学附属病院長は、研修医の県内での活躍を呼びかけました。
(写真は、三重大学附属病院提供。当日の写真ではありません。)

東海北陸厚生局長の講演

堀江裕東海北陸厚生局長は、「研修医の皆様への期待」をテーマに地域医療の専門性の深化と地域包括ケアシステムの可能性について説明しました。