中国四国厚生局 > 業務内容 > 麻薬取締関係 > 向精神薬試験研究施設設置者にかかる年間届出書の提出について

ここから本文です。

更新日:2014年1月16日

向精神薬試験研究施設設置者にかかる年間届出書の提出について

(国が設置する施設)

届出の義務について

向精神薬試験研究施設設置者は、毎年1月1日から12月31日までの間に輸入、輸出、製造した向精神薬の品名及び数量について毎年2月末日までに届出が必要です。
(麻薬及び向精神薬取締法第50条の24第2項)

当該期間に輸入、輸出、製造した向精神薬が無かった場合

向精神薬を購入して麻酔薬、緩衝液、試薬等として使用したが,輸入,輸出,製造はしていない場合、別記様式1に所定事項を記入し麻薬取締部に提出してください。

当該期間に輸入、輸出、製造した向精神薬がある場合は

別記様式1の<向精神薬の製造等がなかったことを届け出ます。>部分を<別紙のとおり届け出ます。>とした上で、平成3年1月7日付薬麻第3号に定める別表3の記入提出が必要ですので、記入方法等について質問があればご連絡ください。別表3に記載する向精神薬の整理番号は別紙1をご参照ください。

届出書作成要領

  1. 向精神薬試験研究施設の登録証の番号、所在地、名称は、「向精神薬試験研究施設設置者登録証」の記載どおり正確に記入してください。
  2. 氏名欄には、代表者の官職氏名を記入し代表者の公印を押印してください。
  3. 提出部数は2部です。2部ともに公印を押印してください。
  4. 届出期限は2月末日です。早めの準備・提出をお願いします。

届出書提出先

〒730-0012
広島市中区上八丁堀6-30広島合同庁舎4号館15階
中国四国厚生局麻薬取締部免許・許可担当

受付時間:月~金午前9時~12時、午後1時~5時

TEL(082)227-9011
FAX(082)227-9174

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。