近畿厚生局 > 指導医療官を募集しています。

ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

指導医療官を募集しています。

近畿厚生局では、医学上の専門的知見から保険診療の取扱いや診療報酬請求の内容等について保険医療機関等に対する指導・監査等を行う指導医療官(医科担当)を募集しています。(現在募集中の事務所は、福井事務所奈良事務所及び和歌山事務所になります。)
指導医療官(医科担当)とは、医師の資格をもち、厚生労働省の地方(支)局または都府県事務所に勤務し、保険医療機関等や保険医等に対する指導・監査等を行う厚生労働技官です。

職務内容・採用条件等

指導医療官(医科担当の常勤職員(医師))を募集しています。(PDF:108KB)

現役指導医療官インタビュー

現役の指導医療官にお話を伺いました。

2864572Q1.経歴を教えてください。
医師免許取得後、小児外科医として大学病院や公立の母子保健総合医療センターに計19年間勤務し、2年間の米国留学を経て、平成24年から近畿厚生局にて指導医療官として働き始めました。
Q2.指導医療官として勤務することになったきっかけは何ですか?
外科医としての自分の将来に技術的・体力的な限界を感じていたところ、医師免許を有する行政官で、通称「医療Gメン」として活躍する職種の存在を知りました。医局の教授を通じて仕事の内容を聞いたところ、臨床経験を生かしつつ、日本が世界に誇る「国民皆保険制度」を守るという使命に新たなモチベーションをかき立てられました。
Q3.職場の雰囲気はどうですか?
理系出身者ばかりの病院と違い、職場には法学部など文系学部卒の同僚も多く、新たなアプローチ法を学び、異なった視点からの意見交換ができます。また、終業時刻には誰にも気兼ねすることなく退庁でき、私の場合、週5日フィットネスクラブに通っています。もちろん、休日に呼び出されることもなく、夏休みの他に年間20日の有給休暇を堪能することができます。
Q4.一言メッセージをお願いします。
厚生労働省の医系技官の中でも、臨床経験を積んだ指導医療官は、全国で七十数名しかいない貴重な存在です。臨床で培ったノウハウ、現場感覚を行政の分野で活かしてみたい人、健康で規則的な生活を求めたい人はぜひ一度検討してみてください。

仕事と家庭の両立支援~ワーク・ライフ・バランス

近畿厚生局は、職員のワークライフバランスを重視し、仕事と家庭の両立を支援しています。
子育て中のママさん指導医療官にお話を伺いました。

2864569Q1.経歴を教えてください。
医師免許取得後、病院や企業で15年ほど勤務し、平成28年から近畿厚生局指導監査課にて指導医療官として働き始めました。
Q2.指導医療官として勤務することになったきっかけは何ですか?
これまでの勤務経験や専門的知識を生かして、医療保険制度の適正な運用に貢献したいと思いました。また、業務が計画的に遂行できるため、ワークライフバランスが確保しやすい環境であることも要因でした。
Q3.職場の雰囲気はどうですか?
厚生行政の政策実施機関ということもあり、育児との両立のための制度が充実しており、周囲の理解や細やかな配慮があるため、子育てしながら働きやすい環境です。現在勤務時間を1日最大2時間短縮できる「育児時間制度」を利用しており、勤務時間に制限がありますので、フォローしていただく周囲の皆様に感謝しつつ、勤務中に集中して業務を進めるように心がけています。
Q4.一言メッセージをお願いします。
業務に関しては、研修制度や定期的に各地の指導医療官と議論する機会があり、必要な知識を身につけることができるので心配いりません。指導医療官の道へ進むにあたって、臨床での経験を活かすことができ、その上医療保険制度の側面を見ることで、より広い視点で医療に携わることができると思います。指導医療官という選択肢があることを知っていただき、先生にとって良い選択をしていただければ幸いです。

近畿厚生局の両立支援制度を知りたい方はこちらをご覧ください!

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課

〒541-8556大阪市中央区大手前4-1-76大阪合同庁舎第4号館3階

電話番号:06-6942-2491(内線2211)