平成31年1月7日

平成30年度近畿ブロック地域包括ケア推進セミナー ~地域の力で創る「生活支援」~ を開催しました。

平成30年12月13日(木)に、管内の地方自治体の担当者を対象として、地域の力で創る「生活支援」をテーマにセミナーを開催しました。セミナーでは『「参加の力」で高める「地域の力」~新たな担い手が生まれるための働きかけを探る~』をテーマに、ボランティア・コーディネーションの観点から、社会福祉法人大阪ボランティア協会常務理事の早瀬 昇氏による講演及びグループワークを行いました。(参加者97名)
参加者からは「ボランティアに対する考え方が変わった」「まちづくりにはボランティア・コーディネーションの考え方が必要」といった感想や、「生活支援コーディネーターの具体的な取り組みにつなげたい」「地域の担い手養成のための効果的な方法を検討したい」「地域でのワークショップを広げたい」といった積極的な意見も出される等、各地域での今後の展開が期待される結果となりました。
吉森地域包括ケア推進課長による開会挨拶
早瀬氏による講演の様子
参加者と対話する早瀬氏

ページの先頭へ戻る