東北厚生局 > 業務内容 > 医療安全関係 > 令和元年度医療安全セミナー・ワークショップの開催について

ここから本文です。

更新日:2019年12月27日

令和元年度医療安全セミナー・ワークショップの開催について

開催目的

    医療安全対策に関する知識等の修得を行うことにより、医療機関の安全管理者等の資質向上を図り、もって医療の安全性の向上を図る。

主催

    厚生労働省東北厚生局 

実施要領・プログラム

    令和元年度医療安全セミナー・ワークショップ実施要領

       ・医療安全セミナープログラム

       ・医療安全ワークショッププログラム

医療安全セミナー           

    開催日: 令和元年12月3日(火)10:00~16:45(受付9:30~) 
          
    開催場所: 仙台市太白区文化センター「楽楽楽ホール」(仙台市太白区長町5丁目3番2号) 
      
    参加人数: 383名
        
    [医療安全セミナープログラム]

    ・講演1 
医療安全施策の動向
           厚生労働省医政局総務課医療安全推進室 指導係長 成田 寛

    ・講演2 医療安全の基礎と最新の話題
          診断関連エラー・WHO患者安全カリキュラムガイド
           千葉大学医学部附属病院 医療安全管理部 教授 相馬 孝博

    ・講演3 当院における患者参加型医療に向けた取り組み
           群馬大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 副部長 滝沢 牧子

    ・医療機関における取り組み事例1
          ポリファーマシーに対する病院薬剤師の取り組み
          ~PIMsスクリーニングを活用した処方提案~
            公益財団法人 総合花巻病院 医薬品安全管理責任者 佐藤 裕司

            参考:医療機関における取り組み事例1資料

    ・医療機関における取り組み事例2
          医療安全における「患者参加」について
          当院職員からのアンケート結果
          医療機関における取り組み
          ~患者参加型の現状~
           社会福祉法人 恩賜財団済生会 山形済生病院 医療安全担当看護師長 伊藤 ふじえ
                                            ME機器管理室係長 工藤 美雪

           参考:医療機関における取り組み事例2資料

    ・講演4 患者サイドからの安全・安心な医療とは
         ~薬害被害者、患者の視点から~
           特定非営利活動法人ネットワーク医療と人権 理事 花井 十伍

           参考:講演4資料
                       

医療安全ワークショップ 

    開催日: 令和元年12月4日(水)  10:00~16:30 (受付9:30~)
               
    開催場所: 花京院スクエア東北厚生局会議室 (仙台市青葉区花京院1-1-20 16階)


    参加人数: 55名
   
    [医療安全ワークショッププログラム]

    ・医療の質改善をどのようにして進めるのか
         東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

    ・「プロセスに着目した医療事故分析手法POAM」
       静岡大学 情報学部 行動情報学科 講師 梶原 千里

       参考:講演資料     
 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

東北厚生局 健康福祉部 医事課

仙台市青葉区花京院1-1-20 花京院スクエア13F

電話番号:022-726-9263

ファックス:022-380-6022

<script type="text/javascript" src="/tohoku/shared/js/setting_onload.js"></script>