東海北陸厚生局 > 地域包括ケアシステム構築の支援

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

地域包括ケアシステム構築の支援

平成30年度他省庁等と連携した取組 New

 東海北陸厚生局では、地域包括マッチング事業委員会が主催する「多様な社会資源を活かした 地域包括・地域共生」と題して、産官学で取り組む地域包括ケアとヘルスケア産業の創出・活用シンポジウム(平成31年2月5日開催)に協力しています。
 この事業は、多様な社会資源を活かした「地域包括ケア推進」環境づくりに関する調査研究事業の一環で開催されるものです。
 シンポジウムでは、基調講演と、先進的に取り組む自治体、大学、企業等がどのように協働していけるかを、パネルディスカッション、ポスターセッションを交えて、まちづくりの視点から地域包括ケア推進を考えていきます。

「多様な社会資源を活かした 地域包括・地域共生 ~産官学で取り組む地域包括ケアとヘルスケア産業の創出・活用~」(平成31年2月5日開催)

 ・シンポジウムの案内(リーフレット) ←詳細及びお申し込みはこちら

 ・地域包括マッチング事業の概要
 

平成29年度他省庁等と連携した取組

東海北陸厚生局等と株式会社ニッセイ基礎研究所との連携による平成29年度老人保健健康増進事業を実施します。

この事業は、「地域包括ケアを進める自治体(市区町村)」と「地域包括ケアに関心のある大学、民間企業等(医療法人、社会福祉法人、民間事業者、NPO等)」と協力関係づくりのサポート(マッチング)を行うことにより、まちづくりの視点から地域包括ケアを推進するものです。

「地域包括マッチング事業」の全体概要(PDF:464KB)

「地域包括ケアを実現する新たなまちづくり」シンポジウム(平成29年12月16日開催)

1シンポジウムリーフレット(PDF:266KB)

2地域包括マッチング事業概要(PDF:1,541KB)

3「地方創生の取組について」(PDF:3,873KB)

4「地域包括ケアを実現する新たなまちづくり」~産官学で取り組む地域の事情に合わせた民間活力の活用~(PDF:5,966KB)

5「松本ヘルスバレー構想の取組み」~官民連携の必要性について~(PDF:2,905KB)

6「産官学連携による協働のまちづくりビジネス」~第3セクター活用例~(PDF:4,020KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域包括ケア推進課 

〒461-0011 名古屋市東区白壁1-15-1 名古屋合同庁舎第3号館 3階

電話番号:052-959-2847

ファックス:052-959-2848