東海北陸厚生局 > 業務内容 > 医事課 > 令和4年度 医療安全に関するワークショップの開催について

ここから本文です。

更新日:2022年9月22日

令和4年度 医療安全に関するワークショップの開催について

1.目的

 医療安全対策に関する知識等の修得、討議等を行うことにより、医療機関の安全管理者等の資質向上を図り、もって医療の安全性の向上を図ることを目的とします。

2.主催者

厚生労働省 東海北陸厚生局

3.開催日時・開催方法

(1)講演
 ア 令和4年12月8日(木曜日) 8時45分~17時00分
 イ  開催方法:オンライン形式(Zoomウェビナー)
 ウ 講師・プログラム(PDF:112 KB)
(2)討議
 ア 令和4年12月15日(木曜日) 8時45分~17時30分
 イ  開催方法:オンライン形式(Zoom)
 ウ 講師・プログラム(PDF:285 KB)

4.募集人数・対象者

(1)募集人数:講演 1000名(先着順、定員に達し次第締め切り)
           討議     50名(応募多数の場合、選考)
(2)対象地区:富山県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
(3)対象者
 ア 講演の対象者 
 (ア) 東海北陸厚生局管内の医療機関(特定機能病院を含む。)において、医療安全管理体制の中心的役割を担う下記の者。

  1. 管理者(医療機関における管理者)
  2. 医療安全管理者(医療機関全体の安全管理を担当する実務者。専任、兼任は問わない。)
  3. 1・2以外の者で、医療機関内で医療安全管理業務に従事する者や医療安全に関心のある者等。

 (イ) 管内各県、保健所設置市区等において、医療安全に関わっている者。

 イ  討議の対象者
  東海北陸厚生局管内の医療機関(特定機能病院を含む。)において、医療安全管理者であり、下記の要件に当てはまる者。

  1. 令和4年度の医療安全に関するワークショップ(12月8日の講演)を受講した者。
  2. パソコンでの受講(iPad等のタブレット端末、スマートフォン等での受講は不可)が可能であり、かつ東海北陸厚生局のホームページに掲載する資料を受講前にダウンロード、印刷し(資料サイズはA3及びA4)、手持ち資料として各自で準備が可能である者。
  3.  Zoomの画面共有機能を理解し、PowerPointの基本的な操作技術を有する者。
  4.  事前接続テスト(11月14日(月)~12月2日(金)の期間中に1回)に参加できる者。
  5.  積極的な姿勢で臨み、グループワークや講師からの発言を求められた際、自分の意見を伝えることができる者。

5.申込期間・申込方法

(1)申込期間:講演については9月から11月末まで(1000名に達した時点で募集締切)
         討議については9月から10月末まで
(2)申込方法:こちらの登録フォームからお申し込みください。

6.参加費

無料(ただし、ワークショップ受講にかかる通信経費等は受講者の負担とする。)

7.その他

(1)本ワークショップの講演を受講した者全員に、後日、参加証をメールにてお送りします。また、今後のワークショップ開催の参考とするため、受講後にアンケートにご協力をお願いします。
(2)本ワークショップに関するご案内は本ページにて更新予定です(随時)。
(3)本ワークショップ(講演・討議)は診療報酬に係る医療安全対策加算に関する施設基準における「医療安全対策に係る適切な研修」の一部(不足する要件を補足する研修)には該当しないため、受講証は発行しません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医事課 

〒461-0011 名古屋市東区白壁1-15-1 名古屋合同庁舎第3号館 3階

電話番号:052-971-8836