更新日:2021年3月31日

令和2年度診療報酬改定において経過措置が設けられた施設基準について(一部延長)

令和2年度診療報酬改定において経過措置が設けられた施設基準について(一部延長)

 令和2年度診療報酬改定において、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(令和2年3月5日保医発0305第2号。令和2年9月30日最終改正)及び「訪問看護ステーションの基準に係る届出に関する手続きの取扱いについて」(令和2年3月5日保医発0305第4号)により示した令和3年3月31日を期限として設けられた経過措置については、その期限を令和3年9月30日まで延長することとなりました。
 経過措置の期限延長の対象となる事項は、下記事務連絡の別添をご確認ください。

令和2年度診療報酬改定において経過措置を設けた施設基準等の取扱いについて(令和3年3月10日)(PDF:242KB)

 
 なお、令和2年度診療報酬改定後の新基準が令和3年4月以降に適用された場合に当該要件を満たせなくなる保険医療機関及び訪問看護ステーションにおいては、各月における実績値を記録した上で各地方厚生(支)局に報告を行う必要があります。
 報告に係る詳細につきましては、「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その39)」に基づく実績報告についてをご覧ください。

【参考】新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その39)(令和3年3月26日)(PDF:440KB)

お問い合わせ先

お問い合わせ先は、保険医療機関、保険薬局及び訪問看護ステーションが所在する県を管轄する事務所(愛知県にあっては指導監査課)になります。

 事務所・指導監査課の所在地・連絡先