ホーム > 業務内容 > 社会保険審査官

ここから本文です。

更新日:2016年4月28日

社会保険審査官

業務

  • 健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法等に基づき、厚生労働大臣、日本年金機構、全国健康保険協会等がした処分に対する審査請求に関する事務
  • 審査請求の流れ・社会保険審査官の審査請求受付後の流れ
    1.事業主・被保険者・受給者が保険(年金)給付・資格等に関する処分を受けた場合、保険者に処分内容の説明を求めることができます。保険者による処分内容の説明を聞いても、なお、その処分に不服のある場合は、地方厚生局内にある社会保険審査官に審査請求を行うことができます。(審査請求は、処分を知った日の翌日から60日以内(※注1)となります。)
    しかし、健康保険・厚生年金の保険料徴収等に関する処分に不服の場合は、直接、厚生労働省内にある社会保険審査会に審査請求を行うこととなります。(この場合も、審査請求は、処分を知った日の翌日から60日以内(※注1)となります。)
    また、地方厚生局内にある社会保険審査官の決定に更に不服がある場合は、厚生労働省内にある社会保険審査会に再審査請求を行うことができます。(再審査請求は、決定書の謄本が送付された日の翌日から60日以内(※注2)となります。)
    2.社会保険審査官は、審査請求書の提出に対し、要件審理(要件不備の場合は、補正、疎明の依頼。)を行い、その審査請求が適法である場合は、審査請求書の受理を行い、審理(・保険者に対する請求や照会・口頭意見陳述・審理のための処分)が開始されます。審査結果については、決定書(容認、若しくは棄却)の謄本の送達をもって審査請求人(審査請求代理人)に知らされます。また、審査請求が不適法であって補正することができないものであるときは、却下の決定を行うことになります。

    ※注1:保険者による処分日が平成28年4月1日以降の場合は、3か月以内となります。
    ※注2:保険者による処分日が平成28年4月1日以降の場合は、2か月以内となります。

 

情報・お知らせ・業務実績

主な関係法令・通知等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

社会保険審査官 

〒540-0011大阪市中央区農人橋1-1-22大江ビル8階

電話番号:06-7711-8001

ファックス:06-7711-8003