ホーム > 申請・届出等の手続案内 > 特定医療法人が厚生労働大臣の定める基準を満たす旨の証明について

ここから本文です。

更新日:2017年4月18日

特定医療法人が厚生労働大臣の定める基準を満たす旨の証明について

概要等

特定医療法人とは、医療法人が税法上の承認を国税庁長官から受けることにより、承認後に終了する各事業年度において、法人税率(通常は25.5%)が軽減税率(19%)の適用を受ける医療法人のことです。<制度の概要>

近畿厚生局では、特定医療法人として、法人税率の特例を受ける要件(各事業年度においてその事業及び医療施設が医療の普及及び向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与するもの)とされる厚生労働大臣が財務大臣と協議して定める基準を満たすものである旨の厚生労働大臣の当該事業年度における証明書の交付業務を行っています。

申請書類の提出に関しては、以下の連絡先までお問い合わせをお願いいたします。

申請または届出を要する事項

租税特別措置法施行令第39条の25第1項第1号に規定する厚生労働大臣が財務大臣と協議して定める基準を満たすものである旨の証明願<証明願の様式・付表及び添付書類等>(エクセル:183KB)

お問い合わせ

管理課 

〒541-8556大阪市中央区大手前4-1-76大阪合同庁舎第4号館3階

電話番号:06-6942-2248

ファックス:06-6942-2330