中国四国厚生局 > 業務内容 > 麻薬取締関係 > 麻薬等原料輸入業者・麻薬等原料輸出業者・特定麻薬等原料製造業者の方へ

ここから本文です。

更新日:2017年8月25日

麻薬等原料輸入業者・麻薬等原料輸出業者・特定麻薬等原料製造業者の方へ

ちょっと怪しいお客さんがいるんだけど・・

こんなときは麻薬取締部へお電話を!

  • 住所、連絡先、業務内容、購入目的が曖昧又は不自然な顧客から麻薬等原料を求められた
  • 新規の取引で、大量の注文(トン単位)が入った
  • 搬送先が稼働していない会社の倉庫や個人宅の庭先だった

 ご不明な点があれば、麻薬取締部までお電話ください。

1.麻薬向精神薬原料の規制の主旨について

 麻薬向精神薬原料(以下麻薬等原料)は麻薬、向精神薬製造に利用されるおそれがあるため、国際間の取引などが規制されており、我が国でも法律(麻薬及び向精神薬取締法)で、業として輸出入を行う者、特定麻薬向精神薬原料を製造する者には、業務の届出を義務づけています。
 現在、麻薬等原料の密輸が世界的な問題となっており、中国四国厚生局麻薬取締部でも規制を強化しています。

 麻薬等原料は以下の8品目です。

  • アセトン(濃度が50%を超えるもの)
  • トルエン(濃度が50%を超えるもの)
  • メチルエチルケトン(濃度が50%を超えるもの)
  • エチルエーテル(濃度が50%を超えるもの)
  • アントラニル酸(濃度が50%を超えるもの)
  • ピペリジン(濃度が50%を超えるもの)
  • 硫酸(濃度が10%を超えるもの)
  • 塩酸(濃度が10%を超えるもの)

 特定麻薬等原料は以下12品目です

  • N-アセチルアントラニル酸(濃度が50%を超えるもの)
  • 4-アニリノ-1-フェネチルピペリジン(濃度が50%を超えるもの)
  • イソサフロール(濃度が50%を超えるもの)
  • エルゴタミン(濃度が50%を超えるもの)
  • エルゴメトリン(濃度が50%を超えるもの)
  • 過マンガン酸カリウム(濃度が10%を超えるもの)
  • サフロール(濃度が50%を超えるもの)
  • ピペロナール(濃度が50%を超えるもの)
  • 1-フェネチルピペリジン-4-オン(濃度が50%を超えるもの)
  • 無水酢酸(濃度が50%を超えるもの)
  • 3,4-メチレンジオキシフェニル-2-プロパノン(濃度が50%を超えるもの)
  • リゼルギン酸(濃度が50%を超えるもの)

2.麻薬等原料の通関手続きについて

 業務として麻薬等原料を輸出・輸入する業者は、あらかじめ麻薬取締部に届出の必要があります。

 麻薬取締部発行の業務届受理証明書がなければ,輸出入の際,通関手続きができません

3.許可申請手続き・各種届出方法の詳細などについて

 中国5県に業務所を置く麻薬等原料輸入(輸出)業者・特定麻薬製造業者は、業務届を中国四国厚生局麻薬取締部へ提出する必要があります。
 各種申請書・届出書のダウンロード、申請方法の詳細、各業者の義務事項は麻薬取締官ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

4.よくあるご質問

 ※麻薬取締官ホームページ(外部サイトへリンク)にその他の必要書類や届出様式データファイルを掲載しています。下記事項と併せてご確認ください。

Q1.すでに麻薬等原料輸入(輸出)業者受理証明書が手元にありますが、さらに取扱品目を増やしたい場合はどうしたら良いですか?

 A1.麻薬等原料輸入(輸出)業者業務変更届を提出してください。

Q2.すでに麻薬等原料輸入(輸出)業者受理証明書が手元にありますが、来月、会社の代表取締役と担当者が変わる予定です。何か提出する書類はありますか?

 A2.書類の提出は必要ありません。

Q3.業務所の名称が変更になったり(例:〇〇営業所→〇〇第二営業所)、本社の所在地が変更になった場合の提出書類を教えてください。

 A3.麻薬等原料輸入(輸出)業者変更届を提出してください。

Q4.このたび、業務所が移転することになりました。どうすれば良いですか?

 A4.まず、麻薬等原料輸入(輸出)業者廃止届を提出していただき、再度移転後の所在地で新規申

 請をしてください。

Q5.麻薬等原料に関する業務を今後行わないことになりました。業務を廃止するにはどうしたら良いですか?

 A5.麻薬等原料に関する業務を廃止したその日から30日以内に、お手元の麻薬等原料輸入(輸出)

 業務届受理証明書と業務届の副本を添えて、廃止届を提出してください。

Q6.麻薬等原料輸入(輸出)業者受理証明書の期限はいつまでですか?更新は必要ですか?

 A6.有効期限は「業務の届出があった日から5年間を経過した日の属する年の6月30日まで」となり

 ます。業務を継続する予定があり、期限を迎えた際には更新が必要となります。

5.お問い合わせ・書類送付先

〒730-0012
広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎4号館15階
中国四国厚生局麻薬取締部 免許・許可担当

受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~12時、午後1時~5時

TEL(082)227-9011 FAX(082)227-9174