ホーム > 業務内容 > 年金調整課 > 学生納付特例事務法人の指定等業務

ここから本文です。

更新日:2017年2月15日

学生納付特例事務法人の指定等業務

概要

学生納付特例制度[就学中で所得が少ない20歳以上の学生が国民年金保険料の納付を先送り(猶予)できる制度]については、居住地域の市区町村窓口に申請を行う必要がありますが、より申請をしやすくする観点から、学生納付特例事務法人として指定を受けた大学等教育施設が学生の委託を受けて、学生納付特例の申請を代行できるようにしています。

業務内容

関東信越厚生局においては、管轄する日本年金機構地域部と連携し、次の業務を行っています。

  • 制度周知及び代行事務の協力要請
  • 学生納付特例事務法人の指定等に係る審査及び決定
  • 学生納付特例事務法人の指定取消等
  • 諸変更手続

学生納付特例事務法人一覧

学生納付特例事務法人制度の申請について

学校法人等が学生納付特例事務法人の指定を受けるためには、申出書に以下の書類を添付のうえ、法人等の主たる事務所の所在地を管轄する日本年金機構地域部へ提出してください。

  • 埼玉県・茨城県・栃木県の場合

    日本年金機構北関東・信越地域第一部
    〒330-9507
    埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-5-1

  • 群馬県・新潟県・長野県の場合

    日本年金機構北関東・信越地域第二部
    〒330-9507
    埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-5-1

  • 東京都23区の場合

    日本年金機構南関東地域第一部
    〒169-8012
    東京都新宿区大久保2-12-1

  • 東京都23区以外・神奈川県・千葉県・山梨県の場合

    日本年金機構南関東地域第二部
    〒169-8012
    東京都新宿区大久保2-12-1

【学校法人等からの申請について】

ご提出いただく書類 ワード・エクセルファイル PDFファイル

学生納付特例事務法人指定申出書

word

事務取扱規程

word

事務取扱規程別紙

excel

登記簿謄本又は登記事項証明書

(法人の名称、所在地及び設立形態を明らかにすることができる書類)

【国及び地方公共団体からの申請について】

国及び地方公共団体については、次の書類のみを管轄の日本年金機構地域部へ提出してください。

ご提出いただく書類

ワードファイル PDFファイル

学生納付特例事務取扱申出書

word

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

年金調整課 

埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館5F

電話番号:048-740-0714

ファックス:048-601-1346