ホーム > 業務内容 > 社会保険審査官

ここから本文です。

更新日:2016年5月23日

社会保険審査官

業務

制度の概要

  • 社会保険審査官は、通常の裁判制度によらず、簡易迅速な被保険者等の権利・利益の保護を目的に、健康保険法、船員保険法、厚生年金保険法、国民年金法等に規定された資格や保険(年金)給付に関する審査請求の事件を担当しています。そして、社会保険審査官は、事件の審理決定等の審査の事務を行うにあたり、何らの拘束も受けず、審査の決定は、審査官がその名において独立してこれを行うこととされています。また、社会保険審査官の決定に不服がある場合や厚生年金保険料等に関する不服審査については、厚生労働省に設置された社会保険審査会が担当しています。なお、審査請求は、処分を知った日の翌日から3か月以内(注)に行うこととされています。

注:保険者による処分日が平成28年3月31日以前の場合は、60日以内となります。

  • 審査請求とは、被保険者や被保険者であった者等が保険者(日本年金機構、全国健康保険協会、健康保険組合及び厚生年金基金等)に対して行った申請や請求について、保険者が現行の法律等に基づいた正当な決定(処分)を行っていないと思われる時に社会保険審査官に対し行うものです。
  • 審査請求に係るフロー図(PDF:182KB)

 

 

審査請求の対象となるもの

  • 被保険者の資格に関する決定(処分)
  • 標準報酬に関する決定(処分)
  • 保険(年金)給付に関する決定(処分)
  • 国民年金の保険料に関する決定(処分)、その他国民年金法の規定による徴収金に関する決定(処分)

 

審査請求の手続き

1.提出書類

審査請求書→こちらの手続き用紙(エクセル版(エクセル:45KB))(PDF版(PDF:149KB))をご利用ください。

記載方法については、こちらの記載要領(PDF:280KB)をご参照ください。

決定(処分)通知書の写し(裏面がある場合は裏面も)

 

2.審査請求の期間

決定(処分)があったことを知った日の翌日から起算して、3か月以内(ただし、決定(処分)が平成28年3月31日以前に行われている場合は、60日以内)
※天災等の正当な事由によりこの期間内に審査請求することができなかったことが認められる場合は、この限りではありません。
※この期間を過ぎた後に行われた審査請求は却下すべきものとされておりますので、ご注意下さい。

 

 

3.審査請求の窓口
  • 地方厚生(支)局(8か所)
  • 日本年金機構の年金事務所(年金関係)
  • 全国健康保険協会など

 

 

4.審査請求に当たっての留意事項

 

 

情報・お知らせ・業務実績

主な関係法令・通知等

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

社会保険審査官室 

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1丁目1-1 朝日生命浦和ビル3階

電話番号:048-615-0200

ファックス:048-615-0210