ホーム > 関東信越厚生局について > フォトレポート

ここから本文です。

フォトレポート

平成29年度健康保険組合予算編成事務講習会に講師を派遣しました。

健康保険組合連合会東京連合会、埼玉連合会及び神奈川連合会の主催により、健康保険組合を対象に平成29年度予算編成事務講習会が開催され、保険課から講師を派遣しました。

平成28年度国民年金事務説明会を開催しました。

管内1都9県で市区町村の国民年金事務を担当している方を対象として、国民年金等事務費交付金の概要や決算関係書類等の作成にあたっての留意事項に関する説明会を開催しました。

児童扶養手当支給事務指導監査担当者会議を開催しました。

都県に対する児童扶養手当支給事務指導監査の結果等を踏まえ、児童扶養手当にかかる支給事務の留意事項を共有するとともに、都県が管内の市町村に対して実施する指導監査の質的向上を図るために開催されました。

平成28年度医療安全に関するワークショップを開催しました。

医療安全に関する知識の修得や事例検討を通して、医療機関の医療安全管理者等の資質向上を図ることを目的に、11月28日から12月2日まで開催し、約250名の方に参加いただきました。

平成28年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会が新宿区で開催されました。

11月27日、東京都議会議事堂都民ホールにおいて麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会が開催されました。高校生による薬物乱用防止活動の発表などが行われ、多くの都民が参加しました。

平成28年度年金委員・健康保険委員功労者厚生労働大臣表彰の伝達を行いました。

この表彰は、多年にわたり会社で年金及び健康保険の啓発・相談・助言を行う傍ら、年金事務所や協会けんぽとのパイプ役として貢献した方に対して、功績を称えるために贈られたものです。

国連アジア太平洋地域薬物取締機関長会議がスリランカのコロンボで開催されました。

10月24日~27日、スリランカで国連薬物犯罪事務所(UNODC)主催の国連アジア太平洋地域薬物取締機関長会議が開催され、25の国及び国際機関が参加し、薬物不正取引等にかかる対策の検討が行われました。

平成28年度第38回関東信越地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

健康保険法に基づく保険医療機関の指定の取消しなどについて審議するため、不定期に開催する関東信越地方社会保険医療協議会総会が、委員改選による新たな顔ぶれの下、10月19日に開催されました。

平成28年度第2回看護師の特定行為研修に係る説明会を開催しました。

特定行為研修に関する医療関係者の理解を深め、指定研修機関の確保を目的とし、申請手続きの説明及び医療施設等の管理者による特定行為研修の説明と意見交換を実施し、約320名の方に参加いただきました。

新規指定医療機関等の担当者及び新規保険医等を対象に集団指導を実施しました。

9月28日、群馬県前橋市の会場において、保険診療及び保険調剤の質的向上及び適正化を図ることを目的として集団指導を実施しました。

平成28年度経理事務講習会に講師を派遣しました。

健康保険組合連合会東京連合会主催により、健康保険組合を対象に平成28年度経理事務講習会が開催され、保険課から講師を派遣しました。

茨城県鹿行地域の保険医療機関(歯科)を対象に、集団指導を開催しました。

7月28日に鹿嶋市の会場で、保険診療の質的向上及び適正化を図ることを目的として、「保険医療機関及び保険医療養担当規則」等をさらに理解していただくための集団指導を実施しました。

平成28年度関東信越地区麻薬取締協議会が長野市で開催されました

平成28年6月9日、長野市で麻薬取締協議会が開催されました。会議には、薬物犯罪を取締まる国及び地方自治体の関係機関計48機関計81名が参加し薬物事犯にかかる情報交換を実施し今後の連携を強めました。

看護師の特定行為研修に係る説明会を開催しました。

医療関係者等の特定行為研修制度に対する理解を深め、研修制度の円滑な施行及び研修を修了した看護師の医療現場における活躍の促進を図ることを目的に、説明会を開催し、約240名の方に参加いただきました。

再生医療等安全性確保法説明会(認定再生医療等委員会関係)を開催しました。

平成28年4月21日さいたま合同庁舎講堂にて、認定再生医療等委員会の役割、事務手続き等について説明会を開催しました。委員会の設置者、今後認定を受けようとする医療機関など、約160名の参加がありました。

平成27年度保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を行いました

平成28年3月25日午後2時より、保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を行いました。合格された受験者の皆様、おめでとうございました。医療現場等での今後のご活躍を期待しております。

関東信越地方年金記録訂正審議会(第2回総会)が開催されました。

平成28年4月18日に弁護士、税理士、社会保険労務士、その他有識者で構成される関東信越地方年金記録訂正審議会が開催されました。

第59回会期国連麻薬委員会がオーストリアのウィーンで開催されました。

本年3月14日~22日、ウィーンで国連麻薬委員会が開催されました。我が国は厚生労働省をはじめとする10関係機関が出席し、世界128ヶ国の他NGOや民間機関等の参加者と世界の乱用薬物対策を議論しました。

平成28年度診療報酬改定に伴い、集団指導(改定時説明会)を行いました。

東京事務所において、3月22日から29日まで4会場で延べ14回にわたり、東京都内の保険医療機関等を対象に平成28年度診療報酬改定に伴う集団指導を実施しました。

平成27年度食品の安全確保に関するリスクコミュニケーションを開催しました。

2月18日、一般の参加者を対象に食の安全・安心についての理解を深めていただくことを目的に、キリンビバレッジ(株)湘南工場にて施設見学やHACCPについての講義を実施しました。(神奈川県と共催)

企業年金連合会東京地方協議会主催の平成27年度実務講習会に講師を派遣しました。

平成28年3月3日開催の企業年金基金等の役職員を対象とした実務講習会で、当局の職員が事務処理にかかる講演を行いました。

平成28年度健康保険組合予算編成事務講習会に講師を派遣しました。

健康保険組合連合会東京連合会、埼玉連合会及び神奈川連合会の主催により、健康保険組合を対象に平成28年度予算編成事務講習会が開催され、保険課から講師を派遣しました。

平成27年度医療安全に関するワークショップを開催しました。

医療安全に関する知識の修得や事例検討を通して、医療機関の医療安全管理者等の資質向上を図ることを目的に、12月14日から18日まで開催し、約230名の方に参加いただきました。

平成27年度国民年金事務説明会を開催しました。

市区町村が行う国民年金事務に要する費用を国が交付するために、管内市区町村の事務担当者にご参集いただき、交付申請に当たって具体的な記載例を示し、出席者の理解が得られるよう留意ポイントなどを説明しました。

関東信越厚生局麻薬取締部が平成27年度人事院総裁賞(職域部門)を受賞しました。

平成27年12月10日明治記念館において関東信越厚生局麻薬取締部長(麻薬取締部危険ドラッグ取締対策本部長)が人事院総裁賞授与式に出席し、その後皇居において天皇皇后両陛下の御接見を賜りました。

平成27年度年金委員・健康保険委員功労者厚生労働大臣表彰の伝達を行いました。

この表彰は、多年にわたり会社で年金及び健康保険の啓発・相談・助言を行う傍ら、年金事務所や協会けんぽとのパイプ役として貢献した方に対して、功績を称えるために11月の「ねんきん月間」に贈られたものです。

国連アジア太平洋地域薬物取締機関長会議がタイのバンコクで開催されました。

10月19日~22日、タイで国連アジア太平洋地域薬物取締機関長会議が開催され日本からも関係省庁が出席しました。27の国及び国際機関が参加し、アジア地域における規制薬物密輸対策問題等が発表されました。

関東信越地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

健康保険法に基づく保険医療機関の指定の取消しなどについて審議するため、不定期に開催する関東信越地方社会保険医療協議会総会が、委員改選による新たな顔ぶれの下、10月21日に開催されました。

指導大綱に基づいた集団的個別指導を実施しました。

10月14日に長野市22日に松本市において、保険薬局に対し「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」等を理解していただき、保険調剤の質的向上及び適正化を図ることを目的として集団的個別指導を実施しました。

経理関係事務講習会に講師を派遣しました。

健康保険組合連合会東京連合会の主催により、健康保険組合を対象に経理関係事務講習会が開催され、保険課から講師を派遣しました。

再生医療等安全性確保法説明会(再生医療等提供計画関係)を開催しました。

平成27年8月25日及び27日、さいたま合同庁舎講堂にて、医療機関、大学及び事業者等を対象に、再生医療等提供計画に関する説明会を開催し、計337名の方にご参加いただきました。

平成27年度関東信越地区麻薬取締協議会が栃木県宇都宮市で開催されました。

平成27年6月11日栃木県宇都宮市で麻薬取締協議会が開催されました。会議には規制薬物の取締りに関係する中央省庁並びに管轄内関係機関併せて48機関計82名が参加し、薬物問題について発表等がなされました。

新規に指定された保険薬局等を対象に、集団指導を開催しました。

5月13、14日及び28日に新潟市、上越市、長岡市の各会場で「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」等をさらに理解していただき、保険調剤の質的向上及び適正化を図ることを目的として集団指導を実施しました。

平成26年度検査精度管理業務研修会を開催しました。

管内に所在する登録検査機関等の担当者約130人を対象に、立入検査結果を紹介するとともに検査精度管理について最新の知見習得を目的とした研修会を開催しました。

食品表示(虚偽誇大広告)に関する研修会を開催しました。

消費者庁と連携し、自治体担当者を対象とした「健康食品の表示に関する法律の概要及び健康増進法に係る虚偽誇大広告に関する基本的な考え方」について研修会を開催しました。

第58回会期国連麻薬委員会がオーストリアのウィーンで開催されました。

平成27年3月9日~17日、ウィーンで国連麻薬委員会が開催されました。我が国は厚生労働省をはじめとする関係機関が出席し、委員国53ヶ国のほか国や地域、NGO団体などで世界の乱用薬物対策を議論しました。

企業年金連合会東京地方協議会主催の平成26年度決算事務講習会に講師を派遣しました。

企業年金連合会東京地方協議会の主催により、確定給付企業年金及び厚生年金基金を対象に平成26年度決算事務講習会が3月6日に開催され、企業年金課(旧年金課)から講師を派遣しました。

再生医療等安全性確保法説明会(特定細胞加工物製造関係)を開催しました。

平成27年3月19日さいたま合同庁舎講堂にて、医療機関、大学及び事業者等を対象に、特定細胞加工物製造の届出・許可申請に関する説明会を開催し、170名の方にご参加いただきました。

「平成26年度国家試験」が開催されました。

1月31日から3月1日にかけて、歯科医師、医師、助産師、保健師、看護師、薬剤師の6種の試験を実施しました。6種合計で約36,500名の出願がありました。

平成27年度健康保険組合予算編成事務講習会に講師を派遣しました。

健康保険組合連合会東京連合会、埼玉連合会及び神奈川連合会の主催により、健康保険組合を対象に平成27年度予算編成事務講習会が開催され、保険課から講師を派遣しました。

平成26年度医療安全に関するワークショップを開催しました。

医療安全に関する知識の修得や事例検討を通して、医療機関の医療安全管理者等の資質向上を図ることを目的に、12月8日から12日まで開催し、約200名の方(初日のみの参加者を含む)に参加いただきました。

平成26年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会が千代田区で開催されました。

平成26年11月23日、東京都千代田区において麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会が開催されました。高校生による薬物乱用防止活動の発表やグループディスカッションが行われ、多くの都民が参加しました。

関東信越地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

保険者、被保険者、事業主を代表する支払側委員、医師、歯科医師、薬剤師を代表する診療側委員及び公益を代表する公益委員の三者で構成される関東信越地方社会保険医療協議会総会が10月15日に開催されました。

国連アジア太平洋地域薬物取締機関長会議がタイのバンコクで開催されました。

10月20日~25日、タイで国連アジア太平洋地域薬物取締機関長会議が開催されました。25の国及び国際機関が参加し、アジア地域における薬物問題全般について議論されました。日本から関係省庁が出席しました。

保健師助産師看護師実習指導者講習会(特定分野)を行いました。

看護師等養成所の学生が実習を行う病院以外の実習施設(訪問看護ステーションなど)で実習指導者となる方を対象に、効果的な指導を行うことができるよう9月9日から9月18日までに講習会を開催しました。

新規指定医療機関の担当者を対象に集団指導を行いました。

9月17日に77医療機関を対象として、保険診療等に必要な事項を定めた「保険医療機関及び保険医療養担当規則」等をさらに理解していただき、保険診療の質的向上及び適正化を図ることを目的に実施しました。

再生医療等の安全性の確保等に関する法律等に係る説明会を開催しました。

平成26年8月28日さいたま合同庁舎講堂にて、再生医療等を提供しようとする病院や特定細胞加工物を製造しようとする事業者等を対象に、再生医療等に関する説明会を開催し、約350名の方に参加いただきました。

平成26年度関東信越地区麻薬取締協議会が群馬県前橋市で開催されました。

平成26年6月19日、群馬県前橋市で麻薬取締協議会が開催されました。会議には規制薬物の取締りに関係する中央省庁並びに管轄内関係機関併せて45機関計79名が参加し、薬物問題について発表等がなされました。

消費生活協同組合行政担当者ブロック別会議(関東信越ブロック)が開催されました。

6月18日に、厚生労働本省及び関東信越厚生局並びに管内都県市の消費生活協同組合行政担当者が集まり、ブロック別会議(関東信越ブロック)が開催されました。

平成25年度総合衛生管理製造過程に関する講習会を開催しました。

総合衛生管理製造過程の大臣承認を受けている施設の関係者を対象に、HACCPによる食品衛生管理の方法や当局が実施した承認施設の監視結果を示し、衛生管理の改善及び担当者の知識並びに理解の向上を図りました。

平成25年度心身喪失者等医療観察法における地域処遇に関する説明会を開催しました。

平成26年3月13日、精神科のある医療機関及び関係機関の担当者を対象に、心身喪失者等医療観察法における通院医療等の説明する機会と研修の場として説明会を開催し、133名の方に参加いただきました。

平成26年度診療報酬改定に伴い、集団指導(改定時説明会)を行いました。

指導監査課(埼玉県を管轄)において、3月24日から31日まで5会場で管轄の保険医療機関等を対象に平成26年度診療報酬改定説明会を実施しました。なお、当局管内の他事務所においてもそれぞれ実施しています。

第57回会期国連麻薬委員会がオーストリアのウィーンで開催されました。

平成26年3月13日~21日、ウィーンで国連麻薬委員会が開催されました。この委員会は53の国々により構成され、麻薬問題全般について議論する国際会議です。日本からは厚生労働省などの関係省庁が出席しました

企業年金連合会東京地方協議会主催の平成25年度決算事務講習会に講師を派遣しました。

企業年金連合会東京地方協議会の主催により、確定給付企業年金及び厚生年金基金を対象に平成25年度決算事務講習会が3月7日開催され、年金課から講師を派遣しました。

「平成25年度国家試験」が開催されました。

2月1日から3月2日にかけて、医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、薬剤師の6種の試験を実施しました。6種合計で約35,000名の出願がありました。

平成26年度健康保険組合予算編成事務講習会に講師を派遣しました。

健康保険組合連合会東京連合会、埼玉連合会及び神奈川連合会の主催により、健康保険組合を対象に平成26年度予算編成事務講習会が開催され、保険課から講師を派遣しました。

関東信越地方社会保険医療協議会が開催されました。

保険者、被保険者、事業主を代表する支払側委員、医師、歯科医師、薬剤師を代表する診療側委員及び公益を代表する公益委員の三者で構成される関東信越地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成25年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動埼玉大会が川口市で開催されました。

平成25年11月23日、埼玉県川口市において麻薬・覚醒剤乱用防止運動埼玉大会が開催されました。各種表彰や啓発CMコンテストのほか、パネルセッションも行われ、多くの県民が参加しました。

平成25年度医療安全に関するワークショップを開催しました。

11月11日~15日の5日間にわたり医療機関の安全管理者等を対象に、医療の安全性の向上を図ることを目的として医療安全に関するワークショップを開催しました。

保健師助産師看護師実習指導者講習会(特定分野)を行いました。

看護師等養成所の学生が実習を行う病院以外の実習施設(訪問看護ステーションなど)で実習指導者となる方を対象に、効果的な指導を行うことができるよう9月18日から9月27日までに講習会を開催しました。

新規指定医療機関等の担当者を対象に集団指導を行いました。

8月29日に122医療機関を対象に保険診療等に必要な事項が定められている「保険医療機関及び保険医療養担当規則」等をさらに理解していただき保険診療の質的向上及び適正化を図ることを目的に実施しました。

不正大麻・けし撲滅運動の一環として群馬県内で大麻自生地の監視を実施しました。

平成25年7月26日、群馬県内の大麻自生地数ヶ所において監視を実施しました。当部職員の他に群馬県、町役場及び福祉事務所の職員、さらに地元警察を加えた総勢8名が参加しました。

平成25年度企業年金制度改正ブロック説明会(関東信越地区)が開催されました。

7月26日に、厚生労働省年金局主催の企業年金制度改正ブロック説明会(関東信越地区)が午前午後の2回開催され、延べ292厚生年金基金、延べ627人の参加がありました。

平成25年度関東信越地区麻薬取締協議会が茨城県水戸市で開催されました。

平成25年6月17日、茨城県水戸市で麻薬取締協議会が開催されました。会議には規制薬物の取締りに関係する中央省庁並びに管轄内45機関計78名が参加し、薬物問題について発表等がなされました。

消費生活協同組合行政担当者ブロック別会議(関東信越ブロック)が開催されました。

5月29日に、厚生労働本省及び関東信越厚生局並びに管内都県市の消費生活協同組合行政担当者が集まり、ブロック別会議(関東信越ブロック)が開催されました。

新規登録保険医等の皆さんへ講習会を行いました。

保険診療に必要な「保険医療機関及び保険医療養担当規則」等の説明を行い、保険診療の質的向上や適正化及び保険診療全般について理解していただくため、4月1日から4月26日までに10回の講習会を実施しました。

新たに4つの健康保険組合が設立されました。

厚生労働大臣の認可を受け、ニトリ、デル、カルビー、ジャパンディスプレイの4つの健康保険組合が平成25年4月1日付けで新たに設立されることになり、その認可書の交付式が3月29日に行われました。

第56回会期国連麻薬委員会がオーストリアのウィーンで開催されました。

平成25年3月11日~15日、ウィーンで国連麻薬委員会が開催されました。この委員会は53の国々により構成され、麻薬問題全般について議論する国際会議です。日本からは厚生労働省などの関係省庁が出席しました

「平成24年度国家試験」が開催されました。

2月2日から3月3日にかけて、医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、薬剤師の6種の試験を実施しました。6種合計で約34,000名の出願がありました。