ホーム > 保険医療機関・保険薬局関係・柔道整復師関係 > 平成22年度診療報酬改定関係情報

ここから本文です。

更新日:2014年5月15日

平成22年度診療報酬改定関係情報

 

平成22年度診療報酬改定に関する情報をお知らせします。

 

 

新着情報

 

平成22年度診療報酬改定に伴う集団指導(改定時説明会)の実施について(終了しました)

平成22年度診療報酬改定に伴い、近畿厚生局では管轄の2府5県において、各保険医療機関及び保険薬局を対象として、その内容について集団指導(改定時説明会)を実施しました。

近畿厚生局実施集団指導(説明会)配付資料

※資料については、説明会会場で保険医療機関又は保険薬局ごとに1部ずつお渡ししたものです。

【資料のダウンロード方法】

1.ダウンロードする資料にポインタを合わせて、右クリック

2.「対象をファイルに保存」を選択

3.デスクトップなどを保存場所として指定し、「保存」をクリック

 

平成22年度診療報酬改定関連資料について

1. 厚生労働省 平成22年度診療報酬改定時説明会(平成22年3月5日開催)資料等について

こちらをクリックしてください。厚生労働省関連ページへジャンプします。

2. 説明映像(厚生労働省動画チャンネル)

こちらをクリックしてください。厚生労働省関連ページへジャンプします。

3. 関係法令(省令・告示・通知)

こちらをクリックしてください。厚生労働省関連ページへジャンプします。

 

 

診療報酬改定に関する疑義照会の方法について 

このたびの診療報酬改定に関する質問につきましては、所定様式の疑義照会票に内容を記入の上、府県を管轄する事務所(大阪府にあっては、指導監査課)へ郵送又はFAXにて送付願います。

【お願い】

  • 厚生局各事務所へのFAX送信が混雑することが予想されます。お手数ですが郵送での送付にご協力をお願いします。
  • また、選別等の都合上、お手数ですが「疑義照会票1枚につき1件」の記入としていただきますようご協力をお願いします。

【回答について】

  • ご質問に対しては、個別連絡又は近畿厚生局ホームページ内の「疑義解釈資料について」(下記のコーナー)への掲載等により回答いたします。なお、ご質問内容によっては、回答に時間を要する場合があることをご了承願います。

 

 

疑義解釈資料について

 

 

施設基準等の届出について

1 施設基準等の届出先

2 施設基準等の届出方法

★チェックリスト★

□ 「届出書」を添付していますか。
※「届出書」・・・ 基本診療料:別添7(4枚組)、特掲診療料:別添2(6枚組)

「届出書」は、届出を行う施設基準ごとに添付が必要です。

□ 「届出書」及び「添付書類」に記載漏れはありませんか。

□ 「届出書」に開設者印を押印していますか。

□ 施設基準通知等に記載されている必要な「添付書類」が添付されていますか。

□ 「届出書」及び「添付書類」を正副2通セットしていますか。

 

 

施設基準届出様式について

このたびの診療報酬改定に伴い、施設基準の届出用紙についても変更があります。

平成22年度診療報酬改定に対応した施設基準等の届出様式については、下記の項目をクリックしてください。

  1. 基本診療料の届出一覧
  2. 特掲診療料の届出一覧
  3. 入院時食事療養・入院時生活療養費等の届出
  4. 施設基準に係る辞退届

 

お問い合わせ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。