近畿厚生局 > 業務内容 > 自社製品用の原料として使用するものを輸入する場合

ここから本文です。

更新日:2020年9月1日

自社製品用の原料として毒物劇物を輸入する場合

次に掲げるからの6種の文書等がすべて必要となります。
入確認申請書:2部
記載用紙(様式)(ワード)><書き方・記載例(記載要領)(PDF)
記載用紙(様式)(PDF)><記載時の注意(PDF)
品説明書:1部(複数の品目の場合は品目ごとに1部必要です。)
記載用紙(様式)(ワード)><書き方・記載例(記載要領)(PDF)
記載用紙(様式)(PDF)><記載上の注意(PDF)
使用説明書:1部
記載用紙(別紙参考様式3)(ワード)><書き方・記載例(記載要領)(PDF)
入書(INVOICE)の写し:1部
注文時の注文書等ではなく、発送元や納品元が輸入者宛てに発行した文書の写しを提出して下さい。
関からのはがきの写し(国際郵便(EMS)等の場合)、または
空貨物運送状(AWB)の写し(航空便の場合)、または
荷証券(B/L)の写し(船便の場合):どれか1部
ず写しを提出して下さい。オリジナル(原本)は自身で管理して下さい。
信用封筒:1部
発行した輸入確認証を送付する、又は書類不備・不足で発行できない場合に返送するために使用しますので、宛先記入済み・切手貼付済みの各種郵便等信書便でご対応下さい。(当方で宛先の「様」又は「御中」への変更ができない場合がございます。あらかじめご了承下さい。)
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部 薬事監視指導課

〒540-0011大阪市中央区農人橋1-1-22大江ビル7階

電話番号:06-6942-4096

ファックス:06-6942-2472