近畿厚生局 > 保険医療機関・保険薬局・柔道整復師・はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師・訪問看護事業者のみなさまへ > 回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告について

ここから本文です。

更新日:2018年7月4日

回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告について

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する保険医療機関は、各年度4月、7月、10月及び1月において算出した回復期リハビリテーション病棟入院料におけるリハビリテーション実績指数等を毎年7月に報告する必要があります。
  • 上記にかかわらず、各年度4月、7月、10月及び1月において、「回復期リハビリテーション病棟においてリハビリテーションの提供実績を相当程度有する(※1)とともに、効果に係る相当程度の実績が認められない場合(※2)」に該当した場合は、その都度報告が必要です。この場合、報告月以降、患者1人1日あたり6単位を超える疾患別リハビリテーションは、回復期リハビリテーション病棟入院料に包括されます。

(※1)各年度4月、7月、10月及び1月において算出し、過去6か月間に退棟した患者の数が10名以上かつ、入院患者に対して提供されたリハビリテーションの単位数が1日平均6単位以上である状態が2回連続した場合

(※2)各年度4月、7月、10月及び1月において算出し、リハビリテーション実績指数が2回連続して27を下回った場合

  • 上記により、患者1人1日あたり6単位を超える疾患別リハビリテーションが回復期リハビリテーション病棟入院料に包括されることとなった後、別の月(4月、7月、10月又は1月以外の月を含む。)において、過去6か月間に退棟した患者の数が10名未満、入院患者に対して提供されたリハビリテーションの単位数が1日平均6単位未満、又はリハビリテーション実績指数が27以上となった場合は、報告を行うことにより、報告月以降、再び1日につき6単位を超える疾患別リハビリテーション料を出来高により算定することができます。

報告書様式

回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告書(別紙様式45) ワード
PDF

 

報告期限、報告先及びお問い合わせ先

【報告期限】

  • 毎年7月の末日(末日が土日祝日の場合は前開庁日)までに上記の報告書を提出してください。(必着)
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告については「郵送」でお願いします。

【報告先及びお問い合わせ先】

関係通知等

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。