ホーム > 業務内容 > 年金管理課 > 年金委員の委嘱・解嘱等及び大臣表彰に関する事務

ここから本文です。

更新日:2016年4月4日

年金委員の委嘱・解嘱等及び大臣表彰に関する事務

概要(年金委員とは)

年金委員は「日本年金機構法第30条」に基づいて厚生労働大臣によって委嘱される民間協力員です。

政府が管掌する年金事業の運営にご協力いただき、年金制度に関する国民の理解を高めるための啓発や被保険者または受給権者に対して相談、助言その他の活動を行います。

年金委員には厚生年金保険の適用事業所の事業主から推薦される「職域型」と、市町村等から推薦される「地域型」の区分があり、多くの方々にそれぞれの会社や地域において年金制度の普及啓発などの活動を行っていただいております。

年金委員の活動等については、日本年金機構ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
※推薦にあたっては「職域型」、「地域型」の区分に応じて要件があります。

年金委員功労者の厚生労働大臣表彰について

平成25年度から、多年にわたり政府管掌年金事業の推進・発展に貢献した年金委員に対して、その功績を称え労苦に報いるとともに、併せて政府管掌年金事業の一層の推進に寄与することを趣旨として、厚生労働大臣表彰が行われることとなりました。

業務内容

年金委員の委嘱については、厚生年金保険適用事業所事業主(「職域型」)又は市町村等(「地域型」)などから日本年金機構の各年金事務所に対し推薦書を提出していただき、日本年金機構において、年金委員にふさわしいと判断した者について北海道厚生局へ推薦し、厚生労働大臣が委嘱することとなっています。

北海道厚生局年金管理課では、事業主や市町村等より推薦のあった年金委員に対し委嘱・解嘱に係る審査、決定及び委嘱状・解嘱状の発行、年金委員に関する諸事務手続及び年金委員名簿の管理と変更を行っています。

委嘱の流れ

大臣表彰に関する事務については、日本年金機構から提出された「年金委員功労者厚生労働大臣表彰推薦書」の確認・審査を行い、基準等を満たしていると認められる表彰候補者について、厚生労働大臣に提出しています。

お問い合わせ

 年金管理課

〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西2丁目1番1号 札幌第1合同庁舎8階

電話番号:011-709-2302(内線3953)