ホーム > 東海北陸厚生局について > 東海北陸厚生局の役割について

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

東海北陸厚生局の役割について

私たち東海北陸厚生局は、東海北陸地区6県における医療、健康、福祉、年金などの社会保障政策を実施する国民の皆様に最も身近な国の政策実施機関として、皆様の高度化・多様化するニーズに応えるため、さまざまな事業に取り組んでいます。

東海北陸厚生局の主な業務

国民のニーズに即した直轄事業

  • 医師・歯科医師の臨床研修制度の適正な実施
  • 行政処分を受けた医師・歯科医師に対する再教育
  • 医師、歯科医師等の国家試験の実施
  • 確定拠出年金及び確定給付企業年金に係る承認
  • 心神喪失者等医療観察法に基づく対象者の移送
  • 麻薬、覚醒剤、危険ドラッグ等の取締
  • 年金記録訂正に関する業務

事業者等の指導監督

  • 総合衛生管理製造過程(HACCP)の承認
  • 各種養成施設(所)(6種)の指定・指導
  • 医療監視、薬事監視
  • 健康保険組合及び厚生年金基金等の指導監査
  • 健康増進法に基づく虚偽誇大広告等の監視
  • 社会保険診療報酬支払基金の指導監督
  • 保険医療機関等の指導監督
  • 生活保護法に基づく指定医療機関の指導監督

地方自治体の支援・指導

  • 医療構造改革の推進を支援
  • 医療費適正化対策推進(4計画)の支援
  • 都道府県等の障害者自立支援業務の指導
  • 生活保護制度に係る法施行事務指導
  • 児童扶養手当制度に係る法施行事務指導
  • 地方自治体向け補助金、交付金の執行
  • 地域包括ケアシステムの構築の支援