東海北陸厚生局 > 業務内容 > 医療安全関係

ここから本文です。

更新日:2018年10月23日

医療安全関係

医療安全対策について

東海北陸厚生局における取組について

  • 東海北陸厚生局においては、医療の安全に関する取組の普及及び啓発を行っています。

平成30年度 医療安全に関するワークショップの開催について

 平成30年度東海北陸厚生局医療安全に関するワークショップを、以下のとおり開催します。

1.目的

 医療安全対策に関する知識等の修得、討議等を行うことにより、医療機関の安全管理者等の資質向上を図り、もって医療の安全性の向上を図ることを目的とします。

2.主催者

 厚生労働省 東海北陸厚生局

3.開催日時等

 1日目:平成30年12月 6日(木曜日) 9時25分~17時25分 (受付時間9時00分~9時25分)

 2日目:平成30年12月 7日(金曜日) 9時00分~16時30分 (受付時間8時30分~9時00分)

 (受講証希望者には、受講証を後日当局より送付いたします。)

4.開催場所

 1日目: 愛知県女性総合センター(ウィルあいち)

 (住所) 〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1

       ※地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分

 2日目: 名古屋港湾会館

 (住所) 〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1-11

       ※地下鉄「名古屋港駅」1番出口から徒歩2分

5.対象者

(1)医療機関において、医療安全管理体制の中心的役割を担う下記の者

 1)管理者(医療機関における管理者)
 2)医療安全管理者(医療機関全体の安全管理を担当する実務者。専任、兼任は問わない。)
 3)感染管理者(医療機関全体の感染管理を担当する実務者。専任、兼任は問わない。)

(2)各県、保健所設置市区において、医療安全に関わっている者も対象となるが、医療機関の従事者の受講を優先する。

(3)開催対象地区 富山県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県

6.開催規模

(1)第1日目(600名)

 主として、管理者及び医療安全管理者・感染管理者等を対象としてセミナー方式で実施

(2)第2日目(150名)

 主として、医療安全管理者等を対象としてワークショップ方式で実施

7.研修日程

別添のとおり1(PDF:89KB)

8.経費

 ワークショップ開催に要する経費は、主催者の負担とするが、受講者の旅費、食費、宿泊費等の経費は、受講者の負担とする。

9.受講証書

 診療報酬における医療安全対策加算の施設基準は、医療安全対策にかかる適切な研修(1日6時間以上)を修了した専従の医療安全管理者を配置することを要件の一つとしている。
 本ワークショップはその研修に該当しており、本ワークショップに参加、修了した者のうち、希望者に対し、後日、受講証書を発行する。
ただし、遅刻・途中退席等により本ワークショップを一部、若しくは全部を欠席した場合は、受講証書の発行はしない。
なお、受講証書の交付希望者については、当日受付にて切手(120円)を貼付し、送付先を記入した返信用封筒(角形2号)を提出するものとする。

 

10.注意事項

別添のとおり2(PDF:100KB) 

11.参加申込

 受講希望者の方は、平成30年11月10日(土曜日)までに「参加申込登録フォーム」からお申し込みください。
(12月7日の応募は締め切りました。)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医事課 

〒461-0011 名古屋市東区白壁1-15-1 名古屋合同庁舎第3号館 3階

電話番号:052-971-8836

ファックス:052-971-8876