ホーム > 業務内容 > 医療安全関係

ここから本文です。

更新日:2016年6月22日

医療安全関係

医療安全対策について

東海北陸厚生局における取組について

  • 東海北陸厚生局においては、医療の安全に関する取組の普及及び啓発を行っています。

平成28年度 医療安全に関するワークショップの開催について【終了しました】

 平成28年度東海北陸厚生局医療安全に関するワークショップを、以下のとおり開催します。

1.目的

 医療安全対策に関する知識等の修得、討議等を行うことにより、医療機関の安全管理者等の資質向上を図り、もって医療の安全性の向上を図ることを目的として、医療安全ワークショップを開催します。

2.主催者

厚生労働省 東海北陸厚生局

3.開催日時等

 1日目:平成28年12月20日(火曜日)9時30分~16時40分 (受付時間9時00分~9時20分)

 2日目:平成28年12月21日(水曜日)9時25分~17時00分 (受付時間9時00分~9時20分)

 (参加者には受講証を後日当局より送付いたします。)

4.開催場所

 1日目:ウィルあいち 1階セミナールーム1・2 (住所)名古屋市東区上堅杉町1

 ※地下鉄市役所駅2番出口から徒歩10分

 2日目:名古屋大学 豊田講堂ホール (住所)名古屋市千種区不老町

 ※地下鉄名古屋大学駅から徒歩1分

5.対象者

(1)医療機関において、医療安全管理体制の中心的役割を担う下記の者

 1)管理者(医療機関における管理者)

 2)医療安全管理者(医療機関全体の安全管理を担当する実務者。専任、兼任は問わない。)

(2)管内各県、保健所設置市区において、医療安全に関わっている者(希望者多数の場合は医療機関の従事者の受講を優先する。)

(3)開催対象地区 富山県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県

6.開催規模

(1)第1日目(115名)

 主として、医療安全管理者を対象としてワークショップ方式で実施

 (1日目を希望される方は所在地各県よりの推薦のため各県にご確認下さい。)

(2)第2日目(600名)

 主として、管理者及び医療安全管理者を対象としてセミナー方式で実施

7.研修日程

別添プログラム(PDF:107KB)のとおり

8.経費

 ワークショップ開催に要する経費は、主催者の負担とするが、受講者の旅費、食費、宿泊費等の経費は、受講者の負担とする。

 

9.受講証書

 診療報酬における医療安全対策加算の施設基準は、医療安全対策にかかる適切な研修を修了した専従の医療安全管理者を配置することを要件の一つとしているところであるが、本ワークショップはその研修に該当するものであることから、本ワークショップに参加、修了した者のうち、希望者に対し、後日、受講証書を発行する。

10.注意事項

  • 当日は「受講票」を持参してください。
  • 2日目はロビー及び会場(ホール)内では、昼食を取ることが出来ませんので、あらかじめご承知ください。
  • 会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

 11.参加申込

 受講希望者の方は、平成28年11月30日(水曜日)までに「参加申込登録フォーム」(終了しました。)からお申し込みください。

 なお、当局直接の申込については、2日目のみとします。1日目希望の方は、所在地の各県にご確認ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医事課 

〒461-0011 名古屋市東区白壁1-15-1 名古屋合同庁舎第3号館 3階

電話番号:052-971-8836

ファックス:052-971-8876