中国四国厚生局 > 業務内容 > 保険医療機関・保険薬局・柔道整復師関係 > 回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告

ここから本文です。

更新日:2018年5月17日

回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告

回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する保険医療機関は、各年度4月、7月、10月及び1月の回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等について、毎年7月に別紙様式45を用いて地方厚生(支)局長に報告することとされています。

(参考)
  • 【抜粋】『基本診療料の施設基準等の一部を改正する件(平成30年3月5日平成30年厚生労働省告示第44 号』(PDF:269KB)
  • 【抜粋】『診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(平成30年3月5日付保医発0305第1号)』(PDF:216KB)
  • 【抜粋】『基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(平成30年3月5日付保医発0305第2号)』(PDF:207KB)
  • 報告先

    保険医療機関が所在する県を管轄する事務所(広島県にあっては指導監査課)になります。

    報告様式

    報告様式

    別紙様式45(PDF:21KB)

    別紙様式45(ワード:72KB)

     

    Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。