北海道厚生局 > 北海道厚生局について > 指導医療官の採用について

ここから本文です。

更新日:2023年12月11日

北海道厚生局の指導医療官(医科担当)について

 北海道厚生局では、医学上の専門的知見から、保険診療の取扱いや診療報酬請求の内容等について、保険医療機関等に対する指導・監査等を行う指導医療官(医科担当)を募集しています。

  〇周知リーフレット(PDF:465KB)

  〇指導医療官(任期付) 募集要項(準備中)

  〇指導医療官(任期付) 応募申込書(準備中)

指導医療官(医科担当)とは

  • 医師の資格を持ち、
  • 厚生労働省の地方厚生(支)局または都府県事務所に勤務し、
  • 保険医療機関や保険医等に対する指導・監査等を行う厚生労働技官です。

主な勤務内容

  • 保険医療機関等及び保険医等に対して、保険診療の取扱いや診療報酬請求事務、診療報酬改定内容について、集団指導または個別指導等を行います。
  • 診療内容又は診療報酬請求に不正又は著しい不当が疑われる保険医療機関に対する監査を行います。
  • 保険者、審査支払機関、保険医療機関等及び保険医等に対する診療報酬の疑義解釈、点数表解釈等に関する指導、助言を行います。
  指導医療官

指導医療官(任期付採用)

採用基準
  • 医師免許を有する者で、病院又は診療所において原則5年以上の臨床経験が必要です。
 
  • 左記に加え、大学病院等に勤務している者、又は退職後おおむね2年以内である者で、高度で専門的な知識・経験を有する者を、期間を決めて採用することができます。(注1)
(注1)任期は最大5年。
 
勤務条件  
  • 国家公務員(厚生労働技官)として採用されます。
  • 勤務地は、北海道厚生局(札幌市)です。
  • 給与は、医療職俸給表(一)が適用され、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当、超過勤務手当などが支給されます。
  • 勤務時間は、8時30分から17時15分で、土曜、日曜、祝祭日、年末年始は休日です。また、年次休暇のほか、病気休暇、特別休暇(夏季休暇、結婚や出産に伴う休暇等)、介護休暇があります。
 
定年等  
  • 定年は65歳になった年度の3月31日です(注2)。定年後1年更新で最大3年間勤務延長できる制度があります。(最長で68歳になった年度の3月31日まで。)(注3)
(注2)令和5年度から定年65歳が2年に1歳ずつ段階的に引き上げられ、令和13年度に70歳になります。
(注3)令和13年度以降は、最長73歳になった年度の3月31日まで勤務延長の可能性があります。
 
  • 年齢制限はありません。
勤務形態  
  • フレックスタイム制(自己申告により勤務開始及び終了時間を変更可能)、外部医療機関等が行う研究に参加する制度、女性医師登用の推進(育児休業、育児短時間勤務、育児時間の取得)があります。
 

参考

 指導医療官(医科担当)の業務内容や採用条件、給与等につきましては、厚生労働省ホームページもご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

管理課

〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西2丁目15番1号 野村不動産札幌ビル2階

電話番号:011-796-5155

 受付時間:月曜日から金曜日の8時30分から17時15分まで(祝祭日及び12月29日から1月3日までを除く)
※12時00分から13時00分までの間は、担当職員が不在にしている場合がありますので、可能な限り12時00分から13時00分までの間を避けてご連絡をお願いいたします。