関東信越厚生局 > 申請等手続き > 回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告

回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する保険医療機関は、各年度4月、7月、10月及び1月の回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等について、毎年1回7月に別紙様式45を用いて地方厚生(支)局長に報告することとされています。

報告様式

各種申請書の表記が「平成」のままでも有効です。

厚生労働省が所管する省令及び告示に定める様式等については、同様に、改元のみを理由とする改正は行わず、改元以外の理由により改正を行う際に、併せて改元に伴う必要な改正を行うものとされています。
このため、申請者が当局ホームページに掲載している様式等を用いて申請する際、改元日以降の年表示が「平成」とされている場合であっても、有効なものとして受け付けます。
なお、改元日以降に、各種申請書の手続きを行う場合には、お手数ですが、所定の様式の年表示を「令和」に補正して申請してください。
また、今回の取扱いに関する通知はこちらをご参照ください

 

「回復期リハビリテーション病棟入院料における実績指数等に係る報告」は、毎年1回7月に別紙様式45を1部提出してください。

報告書の提出先・お問い合わせ先

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。