東北厚生局 > 業務内容 > 年金管理課 > 学生納付特例事務法人制度

ここから本文です。

更新日:令和2年8月17日

学生納付特例事務法人制度

概要

本人の申請により、国民年金保険料の納付が一定期間猶予される学生納付特例制度(日本年金機構ホームページ(外部サイトへリンク)を活用するには、毎年学生が市区町村や年金事務所の窓口に申請を行う必要がありますが、申請のしやすい環境を整備し、学生の年金受給権を確保することを目的として学生納付特例事務法人制度(PDF:102KB)が設けられました。学生は、指定・確認を受けた大学、専修学校、各種学校、国及び地方公共団体の教育施設等において、申請の手続をすることができることから、学生納付特例の一層の普及・推進につながっています。

業務内容

東北厚生局年金管理課では、学生納付特例事務法人の指定及び指定等に係る審査・決定の許認可業務のほか、学生納付特例事務法人制度の普及および推進を行っています。

学生納付特例事務法人制度の普及・啓発活動(これまでの取り組み)

 学生の利便性を考慮し、大学等に対し学生納付特例事務法人の指定申請の勧奨を行っています。その結果、平成29年度に4校指定、平成30年度に4校指定、令和元年度に4校指定しています。
 なお、指定校のうち、下記については学生納付特例事務法人指定通知書交付式を開催しています。

  ・東北福祉大学(平成31年4月25日開催)
  ・東北文化学園大学(平成31年4月11日開催)
  ・東北学院大学(平成30年4月18日開催)

学生納付特例事務法人の申請について

学生納付特例事務法人等になるための手続きについては、リンク先をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

東北厚生局 年金管理課

仙台市青葉区花京院1-1-20 花京院スクエア21F

電話番号:022-208-5330

ファックス:022-726-9267