東北厚生局 > 申請等手続き > 申請・報告・届出等について > 向精神薬多剤投与に係る報告について

ここから本文です。

更新日:2018年5月15日

向精神薬多剤投与に係る報告について

  • 向精神薬多剤投与を行った保険医療機関は、毎年度4月、7月、10月、1月に、前月までの3か月間の向精神薬多剤投与の状況を「別紙様式40」を用いて地方厚生局長に報告することなっています。  
  • 前月までの3か月間の状況を、報告月の月末までに報告をお願いします。
  •  平成30年度7月以降の報告においては、向精神薬多剤投与を受けている患者数に、4種類の抗不安薬及び睡眠薬の投与を受けている患者数を含めて記載してください。
  • 報告は、保険医療機関が所在する県を管轄する事務所(宮城県にあっては指導監査課)に提出してください。

報告書/参考(届出書)

様式

向精神薬多剤投与に係る報告書「別紙様式40」

(参考)

精神科の診療に係る経験を十分に有する医師に係る届出「別紙様式39」

(届出日の翌月1日から適用となりますので、ご留意願います。)

 

報告書の提出先・お問い合わせ先

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。