関東信越厚生局 > 業務内容 > 保険医療機関・保険薬局・柔道整復師関係 > データ提出加算に係る取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2022年5月2日

データ提出加算に係る取扱いについて

  • データ提出加算とは、厚生労働省が実施する「DPC導入の影響評価に係る調査」に準拠したデータが正確に作成及び継続して提出されることを評価したものです。
  • 令和4年度診療報酬改定において、外来医療等におけるデータ提出に係る評価として新設された、区分番号「B001-3」生活習慣病管理料注4に規定する外来データ提出加算、区分番号「C002」在宅時医学総合管理料の注7、区分番号「C002-2」施設入居時等医学総合管理料の注7及び区分番号「C003」在宅がん医療総合診療料の注7に規定する在宅データ提出加算並びに区分番号「H000」心大血管疾患リハビリテーション料の注5、区分番号「H001」脳血管疾患等リハビリテーション料の注7、区分番号「H001-2」廃用症候群リハビリテーション料の注7、区分番号「H002」運動器リハビリテーション料の注7及び区分番号「H003」呼吸器リハビリテーション料の注5に規定するリハビリテーションデータ提出加算については、データ提出開始届出書(様式7の10)の最初の届出締切日が令和5年度以降となることから、当該加算の取扱いは、詳細が決まり次第、別途事務連絡にてお知らせいたしますのでご留意ください。

データ提出加算に係る経過措置について

  • 令和4年度診療報酬改定において、区分番号「A100」の「2」地域一般入院基本料、区分番号「A105」の「3」専門病院入院基本料(13対1)、区分番号「A106」障害者施設等入院基本料、区分番号「A306」特殊疾患入院医療管理料、区分番号「A309」特殊疾患病棟入院料及び区分番号「A310」緩和ケア病棟入院料に係る施設基準の1つとしてデータ提出加算の届出が追加されたため、引き続き当該入院料を算定するためには、許可病床数が200床以上のものにあっては経過措置期間中である令和5年3月31日までに、許可病床数が200床未満のものにあっては経過措置期間中である令和6年3月31日までにデータ提出加算の届出を行う必要があり、区分番号「A311」精神科救急急性期医療入院料については令和6年3月31日までの間に限り、データ提出加算に係る要件を満たすものとみなしますのでご留意ください。

新規にデータ提出加算の届出を希望する病院

データ提出加算の届出を希望する病院であって、令和3年4月1日時点でDPC対象病院又はDPC準備病院でない病院は、施設基準通知に定める様式40の5(PDF:46KB)を、令和4年5月20日8月22日11月21日又は令和5年2月20日までに地方厚生(支)局医療課長を経由して厚生労働省保険局医療課長に届け出る必要があります。

 

様式40-5届出期限

試行データ作成対象月

第1回目

令和4年5月20日

令和4年6月分、7月分

第2回目

令和4年8月22日

令和4年9月分、10月分

第3回目

令和4年11月21日

令和4年12月分、令和5年1月分

第4回目

令和5年2月20日

令和5年2月分、3月分

第4回目の試行データのみ、作成対象月が様式40の5届出期限の月を含めた2月分になっていることにご注意下さい。

届出様式

  1. データ提出開始届出書(様式40の5)
  2. データ提出加算に係る辞退届(様式40の8)

参考資料

データ提出加算関係のその他の通知については、医療保険関係通知一覧のページをご覧下さい。

様式40の5及び40の8提出先

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療課 

埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館7F

電話番号: 048-740-0815

ファックス:048-601-0514