ホーム > 業務内容 > 食品衛生課

ここから本文です。

更新日:2016年6月10日

食品衛生課

業務

HACCP (Hazard Analysis and Critical Control Point) とは

1960年代に米国で考案された宇宙計画向けの食品衛生管理方法で、膨大な数の検体を必要とする最終製品検査システムではなく、製造における重要な工程を連続的に監視することにより、一つ一つの製品の安全性を保証しようとする衛生管理方法である。現在、乳・乳製品、食肉製品、魚肉練り製品、容器包装詰加圧加熱殺菌食品及び清涼飲料水の5種類がHACCPの承認対象製品として指定されている。

      韓国向け輸出水産食品取扱要領、登録施設リスト等

  • 自由販売証明書の発行について

      自由販売証明書発行要領等

      自由販売証明書に関するQ&A(PDF:142KB)

情報・お知らせ・業務実績

主な関係法令・通知等

所管法人等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

食品衛生課 

〒461-0011 名古屋市東区白壁1-15-1 名古屋合同庁舎第3号館 3階

電話番号:052-959-2836

ファックス:052-959-2065