ホーム > 東海北陸厚生局について > フォトレポート

ここから本文です。

更新日:2013年3月18日

フォトレポート

「学生納付特例申請書受付in名古屋市立大学」が開催されました。

年金月間初日の平成29年11月1日、新たに国民年金保険料学生納付特例事務法人の指定を受けた名古屋市立大学において、大学、日本年金機構、東海北陸厚生局が、東海北陸地方初の三者合同イベントを開催しました。

「認定再生医療等委員会意見交換会」を開催しました。

平成29年10月3日に書類審査業務の質の向上及び円滑化を図るため、(特定)認定再生医療等委員会の委員及び事務担当者を当局に招き、意見交換を行いました。(参加者:16委員会26名)

平成29年度第2回東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成29年10月17日、保険医療機関等の指定の取消しなどについて審議する、厚生労働大臣の諮問機関である東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催され、元保険医療機関等について審議しました。

名古屋大学ヤング・リーダーズ・プログラム留学生が来庁しました。

平成29年9月20日に名古屋大学ヤング・リーダーズ・プログラム第14期生が東海北陸厚生局を訪れ、厚生労働省の業務、保険診療、麻薬取締に関する講義を受け、局内の見学を行いました。

第1回東海北陸在宅医療・介護連携担当者研究会を開催しました。

平成29年9月6日、在宅医療・介護連携の推進事業に係る地域差に関する調査研究に取り組んでいる、調査機関からの説明及び各県が実施している市町村支援の報告の後、課題解決方策について意見交換を行いました。

愛知県と共同で食品工場見学ツアー(リスクコミュニケーション)を開催しました。

平成29年8月18日に小学生とその保護者を対象に「おいしさと安全の秘密を探れ!」をテーマとしてリスクコミュニケーションを行いました。((株)明治 愛知工場:稲沢市平和町下三宅菱池、参加者61名)

平成29年度認知症施策に関する東海北陸厚生局管内各県ブロック会議を開催しました。

平成29年8月1日、認知症施策の推進について管内6県の市町村の取組状況の報告及び認知症の専門家による講演を行い、その後、各県が抱える課題の解決策を考えるため、活発な議論を行いました。

愛知県と共同で食品工場見学ツアー(リスクコミュニケーション)を開催しました。

平成29年8月2日に小学生とその保護者を対象に「おいしさと安全の秘密を探れ!」をテーマとしてリスクコミュニケーションを行いました。(スギ製菓(株)本社:碧南市大浜上町、参加者33名)。

豊橋市保健所と共同でリスクコミュニケーションを開催しました。

平成29年7月3日、HACCPの普及に向けた事業の紹介やHACCP管理の要点等について食品等事業者を対象に説明を行いました(参加者約60名)。

平成29年度食品衛生法に基づく登録検査機関の業務管理研修会を開催しました。

平成29年6月22日名古屋合同庁舎第3号館にて、製品検査の信頼性確保業務の適切な実施に資するため、食品衛生法に基づく登録検査機関の業務管理研修会を開催しました(管内17施設、37名の関係者が参加)。

平成29年度東海北陸地区麻薬取締協議会を実施しました。

平成29年6月8日、三重県津市において、東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。本協議会では、管内の国及び地方自治体の関係機関が、薬物犯罪の現状や取締状況等に関する意見交換を行いました。

平成29年度臨床研修病院合同説明会を開催しました。

平成29年5月5日(祝)、ポートメッセ名古屋第2展示館において、100以上の臨床研修病院が一同に集まり、約800名の医学生に対して各病院独自の臨床研修プログラムを紹介しました。

地域包括ケア推進に係る管内6県との意見交換会を開催しました。

平成29年5月11日、他県の先進的な取組の紹介及び管内6県の市町村支援状況の報告を行い、各県が抱える課題の解決策を考えるため、在宅医療・介護連携、生活支援体制整備等を中心に、活発な議論を行いました。

第4回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催しました。

平成29年4月19日、国、地方公共団体、医療機関及び民間企業で構成される第4回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催し、南海トラフ地震時の災害医療に対する意見交換を行いました。

平成29年度第1回東海北陸厚生局地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成29年4月11日、保険者等を代表する支払側委員、医師・歯科医師・薬剤師を代表する診療側委員及び公益を代表する公益委員の三者で構成される東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

「認定再生医療等委員会意見交換会」を開催しました。

平成29年3月17日に(特定)認定再生医療等委員会の委員及び事務担当者等を対象に、審査業務の質の向上及び円滑化を図ることを目的として、意見交換会を開催しました。(参加者:31組織53名)

第16回東海北陸ブロック健康危機管理連絡協議会を開催しました。

平成29年2月8日に中部国際空港にて健康危機管理連絡協議会を開催しました。東海北陸管内14自治体が参加し、検疫施設見学、N95マスクフィットテストの実技、検疫所職員の講演を行いました。

第1回東海北陸厚生局地域包括ケア市町村セミナーを開催しました。

平成29年1月20日、管内各県の市町村等の担当職員にご参加いただき、「第1回東海北陸厚生局地域包括ケア市町村セミナー」を開催しました。

「平成28年度医療安全に関するワークショップ」を開催しました。

平成28年12月20~21日の2日間にわたり医療機関の安全管理者等を対象に医療の安全性の向上を図ることを目的として医療安全ワークショップを開催しました。1日目114名、2日目373名参加がありました。

平成28年度第3回東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成28年12月13日、保険者等を代表する支払側委員、医師・歯科医師・薬剤師を代表する診療側委員及び公益を代表する公益委員の三者で構成される東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成28年度年金委員・健康保険委員功労者厚生労働大臣表彰が行われました。

平成28年11月に東海北陸厚生局管内で多年にわたり社会保険事業の推進に貢献された年金委員・健康保険委員の方々16名に厚生労働大臣表彰の伝達が行われました。

平成28年度 麻薬・覚醒剤乱用防止運動石川大会を開催しました。

麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ等の薬物乱用による危害を広く周知し、薬物乱用根絶を図ることを目的として、平成28年11月23日、石川県金沢市において、麻薬・覚醒剤乱用防止運動石川大会を開催しました。

平成28年度HACCP普及推進地方連絡協議会(東海北陸ブロック)を開催しました。

平成28年11月14日に消費者、事業者、地方自治体の職員を対象にHACCP普及推進地方連絡協議会を開催しました(参加者:94名)。

第3回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催しました。

平成28年11月21日、国、地方公共団体、医療機関及び民間企業で構成される第3回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催し、南海トラフ地震時の災害医療に対する意見交換を行いました。

地域包括ケア推進に係る東海北陸厚生局管内6県との意見交換会を開催しました。

平成28年11月18日に、管内各県の担当職員にご参加いただき、「地域包括ケア推進に係る東海北陸厚生局管内6県との意見交換会」を開催しました。

平成28年度 第2回東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成28年10月11日、保険者等を代表する支払側委員、医師・歯科医師・薬剤師を代表する診療側委員及び公益を代表する公益委員の三者で構成される東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

「認定再生医療等委員会意見交換会」を開催しました。

平成28年9月16日に(特定)認定再生医療等委員会の委員及び事務担当者を対象に審査業務の質の向上及び円滑化を図ることを目的として意見交換会を開催しました。(参加者:16委員会28名)

看護師の特定行為研修に関する説明会を開催しました。

平成28年8月25日、東海北陸地区の医療機関を対象に説明会を開催し、本制度の概要、特定行為研修の実際、指定研修機関の申請に係る手続き等の説明を行いました(参加者:128施設167名)。

愛知県と共同でリスクコミュニケーションを開催しました。

平成28年8月2日及び15日、小学生とその保護者を対象に食の安全をテーマにリスクコミュニケーションを行いました(参加者:8月2日28名、8月15日29名)。

富山市と共同で学校給食調理員実習を開催しました。

平成28年8月10日にハサップの普及に向け、学校給食の調理員を対象としたハサップの説明を行いました(参加者71名)。

豊橋市保健所と共同でリスクコミュニケーションを開催しました。

平成28年8月2日、小学校5・6年生とその保護者を対象に「ミルク見ニクル聞イテミル!?美味しい牛乳ができるまで」をテーマに牛乳の安全性について学びました(参加者19組38名)。

富山市保健所と共同で食生活改善推進連絡協議会リーダー研修会を開催しました。

平成28年7月29日にハサップの普及に向け、食品等事業者の取り組みについて一般消費者を対象とした内容でハサップの説明を行いました(参加者82名)。

認知症施策に関する東海北陸厚生局管内各県ブロック会議を開催しました。

平成28年7月28日、29日に、管内各県の担当職員にご参加いただき、「認知症施策に関する東海北陸厚生局管内各県ブロック会議」を開催しました。

富山県と共同で「食品安全フォーラムinとやま」を開催しました。

平成28年7月22日にハサップの普及に向け、食品等事業者の取り組みについて一般消費者等を対象とした内容でハサップの説明を行いました(参加者:一般消費者、食品等事業者及び行政 計150名)。

平成28年度東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。

平成28年6月30日、静岡市内にて、東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。本協議会において、薬物犯罪を取り締まる東海北陸管内の国及び地方自治体の関係機関が取締状況などに関する意見交換を行いました。

第2回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催しました。

平成28年7月15日、国、地方公共団体、医療機関及び民間企業で構成される第2回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催し、南海トラフ地震時の災害医療に関する意見交換を行いました。

平成28年度食品衛生法に基づく登録検査機関の業務管理研修会を開催しました。

平成28年6月24日名古屋合同庁舎第3号館にて、製品検査の信頼性確保業務の適切な実施に資するため、登録検査機関の業務管理研修会を開催しました(管内18検査機関、計38名の関係者が参加)。

平成28年度臨床研修病院合同説明会を開催しました。

平成28年5月5日(祝)、ポートメッセ名古屋第2展示館において、東海北陸地区臨床研修病院合同説明会を開催しました。124病院、814名の医学生が参加しました。

第1回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催しました。

平成28年4月26日、国、地方公共団体、医療機関及び民間企業で構成される第1回南海トラフ地震対策中部圏戦略会議災害医療部会を開催し、南海トラフ地震時の災害医療に関する意見交換を行いました。

平成28年度第1回 東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました

平成28年4月12日、保険者・被保険者等を代表する支払側委員、医師・歯科医師・薬剤師を代表する診療側委員及び公益を代表する公益委員の三者で構成される東海北陸地方社会保険医療協議会総会が開催されました。

平成27年度保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を行いました。

平成28年3月25日午後2時より保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を行い、約200名の方が合格者番号一覧を閲覧されました。

平成28年度診療報酬改定に伴う集団指導(改定時説明会)を開催しました。

3月17日から31日にかけて、管轄各県の保険医療機関及び保険薬局を対象に、平成28年度診療報酬改定に伴う集団指導(改定時説明会)を計49回開催しました。

「認定再生医療等委員会意見交換会」を開催しました。

平成28年3月10日に(特定)認定再生医療等委員会の委員及び事務担当者を対象に審査業務の向上及び円滑化を図ることを目的として意見交換会を開催しました。15の委員会から25名参加がありました。

平成27年度東海北陸ブロック健康危機管理連絡協議会を開催しました。

平成28年2月26日に「広域食中毒及び感染症発生時の対応について」を議題に東海北陸ブロック健康危機管理連絡協議会を開催しました。管内13自治体、4機関、計40名の関係者が参加しました。

「平成27年度医療安全に関するワークショップ」を開催しました。

平成28年1月25日、26日の2日間にわたり医療機関の安全管理者等を対象に医療の安全性の向上を図ることを目的として医療安全ワークショップを開催しました。1日目467名、2日目108名参加がありました。

平成27年度 麻薬・覚醒剤乱用防止運動岐阜大会を開催しました。

薬物乱用による危害を周知し、薬物乱用根絶を図ることを目的として、平成27年11月1日、岐阜県羽島市内にて、麻薬・覚醒剤乱用防止運動岐阜大会を開催しました。347人の来場者がありました。

平成27年度年金委員・健康保険委員功労者厚生労働大臣表彰が行われました。

平成27年11月に東海北陸厚生局管内(6県)で、多年にわたり社会保険事業の推進に貢献された年金委員・健康保険委員の方々16名に厚生労働大臣表彰の伝達が行われました。

第1回HACCP普及推進地方連絡協議会(名古屋会場)を開催しました。

平成27年11月24日、名古屋市にて、現状のHACCP普及促進の取組や今後の普及に当たっての課題等について、参加者間での情報共有や意見交換を行いました(一般傍聴者55名、行政担当者18名、計73名)。

「医療事故調査制度に係る説明会」を開催しました。

平成27年9月25日に「医療事故調査制度に係る説明会」を開催しました。医療事故の再発防止により医療の安全を確保することを目的とした制度の説明を行いました。357施設574人が参加しました。

「再生医療等提供計画の作成等に関する説明会」を開催しました。

平成27年7月23日に「再生医療等提供計画の作成等に関する説明会」を開催し、平成27年11月24日に猶予期限を迎える再生医療等提供計画の作成方法について説明を行いました。61施設75人が参加しました。

食の安全に関するリスクコミュニケーションを開催しました。

平成27年7月28日 伊藤ハムデイリー株式会社北陸工場にて、食品の安全に関するリスクコミュニケーションを開催し、手洗い教室やソーセージの試作体験、工場見学を行いました(10組21名参加)。

看護師の特定行為研修に関する説明会を開催しました。

平成27年7月2日、東海北陸地区の医療機関を対象に看護師の特定行為研修に関する説明会を開催しました。本制度の概要、指定研修機関の指定申請に係る手続き等の説明を行いました。64施設から参加がありました。

平成27年度東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。

平成27年6月17日、富山市内にて、東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。本協議会において、薬物犯罪を取締る東海北陸管内の国及び地方自治体の関係機関が取締状況などに関する意見交換を行いました。

平成27年度臨床研修病院合同説明会を開催しました。

平成27年5月6日、ポートメッセなごや第2展示館において、東海北陸地区臨床研修病院合同説明会を開催しました。125病院、797名の医学生が参加しました。

東海北陸地方年金記録訂正審議会(第1回総会)が開催されました。

平成27年4月13日に弁護士、税理士、社会保険労務士、行政書士等の有識者24名で構成される東海北陸地方年金記録訂正審議会総会が開催されました。

平成26年度保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を行いました。

平成27年3月25日午後2時より、保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を実施、約250名が来場しました。合格された受験生の皆様、おめでとうございます。今後の医療現場等でのご活躍を期待します。

「特定細胞加工物製造届」の作成等に関する説明会を開催しました。

3月12日、再生医療等安全性確保法の特定細胞加工物製造届の作成等についてご理解をいただくため医療機関等を対象に説明会を開催しました。29名の参加がありました。

平成26年度医療安全に関するワークショップを開催しました。

1月19日、20日の2日間にわたり医療機関の安全管理者等を対象に医療の安全性の向上を図ることを目的として医療安全に関するワークショップを開催しました。1日目114名、2日目430名の参加がありました。

平成26年度東海北陸ブロック健康危機管理連絡協議会を開催しました。

平成26年12月19日に「デング熱等蚊媒介性感染症対策について」を議題に東海北陸ブロック健康危機管理連絡協議会を開催しました。管内13自治体、4機関、計31名の関係者が参加しました。

平成26年度年金委員・健康保険委員功労者厚生労働大臣表彰の伝達を行いました。

平成26年11月、多年にわたり社会保険事業の推進に貢献された年金委員・健康保険委員の方々16名に厚生労働大臣表彰の伝達を東海北陸厚生局管内の6県で行いました。

平成26年度 麻薬・覚醒剤乱用防止運動三重大会が開催されました。

麻薬・覚せい剤・危険ドラッグ等の薬物乱用による危害を広く周知し、薬物乱用の根絶を図ることを目的として、平成26年11月16日、三重県津市において、麻薬・覚醒剤乱用防止運動三重大会が開催されました。

再生医療等安全性確保法の制度説明会を開催しました。

平成26年9月4日、再生医療等安全性確保法(平成26年11月下旬施行予定)をご理解いただくため医療機関及び細胞の培養又は加工を行う施設等を対象に制度説明会を開催しました。109名の参加がありました。

職員の職場見学を行いました。

平成26年8月8日に東海北陸厚生局にて職員家族の職場見学を行いました。この取り組みは、夏休みを利用して家族に職員の働く姿を見てもらえるように企画したものです。今回は5組のご家族が参加しました。

~帰ってきた!!ハサップ博士と行く、食品衛生ミステリーツアー~を開催しました。

平成26年7月31日 株式会社ヤクルト本社 富士裾野工場にて、食品の安全確保に関するリスクコミュニケーション~帰ってきた!!ハサップ博士と行く、食品衛生ミステリーツアー~を開催しました。

食品衛生法に基づく登録検査機関の業務管理研修会を開催しました。

平成26年6月27日名古屋合同庁舎第3号館にて、登録検査機関における製品検査の信頼性確保業務の適切な実施に資するため、食品衛生法に基づく登録検査機関の業務管理研修会を開催しました。

平成26年度東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。

平成26年6月3日、岐阜市内にて、東海北陸地区麻薬取締協議会を開催しました。本協議会において、薬物犯罪を取締る東海北陸管内の国及び地方自治体の関係機関が取締状況などに関する意見交換を行いました。

平成26年度臨床研修病院合同説明会を開催しました。

平成26年5月6日(祝)、ポートメッセ名古屋第2展示館において、東海北陸地区臨床研修病院合同説明会を開催しました。129病院、782名の医学生が参加しました。

平成26年度診療報酬改定に伴う集団指導(改定時説明会)を開催しました。

3月19日から30日にかけて、管轄各県の保険医療機関及び保険薬局を対象に、平成26年度診療報酬改定に伴う集団指導(改定時説明会)を計51回開催しました。

平成25年度保健師・助産師・看護師国家試験の合格発表を行いました。

平成26年3月25日午後2時より、保健師・助産師・看護師国家試験について合格発表を行いました。合格された受験生の皆様、おめでとうございます。今後の医療現場等でのご活躍を期待します。

平成25年度年金委員功労者厚生労働大臣表彰が行われました。

平成25年11月12日から22日の期間中に、東海北陸厚生局管内各県で開催された年金委員大会等において、多年にわたり年金事業の推進に貢献された年金委員の方々に対して厚生労働大臣表彰が行われました。

名古屋市立東海小学校において薬物乱用防止についての講演を行いました。

平成25年11月20日、名古屋市立東海小学校において、現役の女性麻薬取締官が5・6年の児童約80名に、薬物乱用防止のための教育・啓発活動として「薬物についての基礎知識」と題して講演を行いました。

第13回東海北陸ブロック健康危機管理連絡協議会を開催しました。

11月12日に「災害時におけるメンタルヘルス対策について」を議題に協議会を開催し、災害時こころの情報センター長、金吉晴先生に「災害時の精神保健医療対応と平時の備え」について、ご講演いただきました。

認知症サポーター養成講座を開催しました。

厚生労働省では認知症施策推進5カ年計画を策定する等認知症施策に取り組んでいます。当局において10月31日に認知症の方やその家族を見守り支援する応援者(認知症サポーター)を養成する講座を開催しました。

平成25年度医療安全に関するワークショップを開催しました。

10月21日、22日の2日間にわたり医療機関の安全管理者等を対象に、医療の安全性の向上を図ることを目的として医療安全に関するワークショップを開催しました。

食品工場見学ツアー~ハサップ博士と行く、食品衛生ミステリーツアー~を開催しました。

平成25年8月9日に食品の安全に関するリスクコミュニケーションの一環として、食品工場見学ツアー~ハサップ博士と行く、食品衛生ミステリーツアー~を森永乳業株式会社(愛知県)で開催しました。