フォトレポート

令和元年9月9日(月)に名古屋大学大学院医学系研究科ヤング・リーダーズ・プログラムで7か国11名の留学生が東海北陸厚生局を訪れ、医事課、医療課、麻薬取締部よりそれぞれ厚生労働省の業務、保険診療、麻薬取締に関する講義を受けました。また、金井要局長を交えて世界や日本の保健行政に関する積極的な意見交換を行いました。
ヤング・リーダーズ・プログラムとは、平成12年から文部科学省により実施されている留学生施策です。名古屋大学では発展途上国の保健行政分野における中央政府の将来の政策リーダーに、1年間のプログラムを実施しています。そのプログラムのひとつとして、東海北陸厚生局で講義が行われました。
On September 9th, 2019, 11 Young Leaders' Program (YLP) participants from 7 countries visited Tokai-Hokuriku Regional Bureaus of Health and Welfare (THRBHW). They received lectures about duties of Ministry of Health, Labour and Welfare; medical insurance system and narcotic control from Medical Professions Division, Medical Economics Division and Narcotics Control Department of THRBHW. In addition, they discussed views of health administration of the world and Japan with the Dr. Kaname Kanai, Director General (DG) of THRBHW.
YLP is one of the foreign-student policy implemented by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology since 2000. Nagoya University Graduate School of Medicine has provided one-year course for young future leaders of central governments. One of their programs is to learn health policy and health administration, which was provided by THRBHW.